« 電気料金、一日一億円の無駄。 | トップページ | オキッパが便利らしい »

2019年4月 9日 (火)

派遣会社の倒産が増えている

ソフト業界の黎明期、零細派遣会社を経営していた知人がいるが、大手企業ではバスに乗り遅れまいと人事部に「とにかく人を集めてこい」と無理難題。そこで派遣会社に頼る。とにかく絶対数が居ないんだから、人材といっても大学や専門学校を出たばかりの新人。相場として給料は10万も払えばよかった。それが客先請求は一人月150万。そりゃ儲かりますよ。年二回、社員旅行は海外。そんな時代が3年続いたと言ってましたよ。
 そんな話、オレのところにはこない(泣)
:
:
:

>人手不足倒産の増加や高水準が続く有効求人倍率などを背景に、労働者派遣業に対する需要が高まっている。景気動向指数を見ても、近年は労働者派遣業が全体を上回っている状況だ。一方で、中小・零細企業を中心に派遣業者の倒産が増加している。
 帝国データバンクは、2008年以降の労働者派遣事業者の倒産動向について集計・分析した【※1】。それによると、18年の「労働者派遣業」の倒産件数は前年比2.7%増の76件で、3年ぶりに増加に転じた17年を上回った。
 負債規模別に見ると、18年は「5000万円未満」の倒産が68.4%(52件)を占めており、過去最多タイ。小規模倒産は15年以降に増加傾向で、17年に初めて構成比が70%を超えており、高止まりしている状態だ。
:
 帝国データバンク情報部の箕輪陽介氏は、「人手不足により売り手市場が加速するなかで、派遣スタッフの確保などで大手と中小・零細との格差拡大が進行していると見られる」と語る。空前の売り手市場といわれる今、派遣業界に何が起きているのか。箕輪氏に話を聞いた。
ニュースサイトで読む: https://biz-journal.jp/2019/04/post_27269.html
Copyright © Business Journal All Rights Reserved.

|

« 電気料金、一日一億円の無駄。 | トップページ | オキッパが便利らしい »

天下の情勢」カテゴリの記事