« パイオニア終了、現在株価63円 | トップページ | 34万人リストラ w(゚o゚)w »

2018年12月14日 (金)

ラズパイはソニーが作っていた。

 ラズパイ最大のリソースは、ネット上に溢れる膨大な情報の共有。ラズベリー財団はなんのサポートもしてくれないが、逆にそのことが数十万、数百万のサポート不要のユーザーを生み出した。教育用コンピユータの面目躍如。
クレーマーとしか思えないようなユーザーに振り回されていたら、とうていこの価格では無理。ラズパイは単なる基板の名前ではなくて、社会現象、ムーブメントなんだね。
 日本のメーカーが散々な理由もこれ。
:
:
:
>「ラズパイ」に訪れた転換期、ホビー・教育から業務用途の拡大が進む
:
  業務用途での採用が拡大し、それを見込んだ機能強化を図っているラズパイだが、もう一つ、強みがある。それが、「日本製」だということだ。
 前述したOTON GLASSの最新バージョン(第3世代)でも採用されているRaspberry Pi 3 Model Bは、日本で作られている。ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズが所有する稲沢工場(愛知県)で製造されているのだ。
 ラズパイを業務用途や量産用途で採用する場合、これは極めて大きな強みとなる。数千台、数万台という大量の受注があっても、常に安定して供給できるからだ。RSコンポーネンツは、「大量に必要になると、一般的なマイコンボードは入手が難しくなることが多い。例えば、突然『3万台納品してほしい』といわれても、日本に工場がなければ対応は難しい」と説明する。その点、RSコンポーネンツは稲沢工場と密に連携し、数量をコントロールしやすい柔軟な供給体制を整えている。
:
 さらに、ラズパイの認証に必要な各種ドキュメントの提出も、日本の工場で製造しているので対応しやすくなる。
  http://eetimes.jp/ee/articles/1809/18/news001.html

|

« パイオニア終了、現在株価63円 | トップページ | 34万人リストラ w(゚o゚)w »

Raspberry Pi」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。