« 東芝、ガスも売却 | トップページ | 完全にステマ、プログラミング教育 »

2018年11月10日 (土)

中国、AIキャスターが登場

なんか読み上げソフトでいいような。初音ミクの思ったほど流行らなかった。
:
:
:

https://i.gzn.jp/img/2018/11/09/first-ai-news-anchor/00_m.jpg
中国の国営通信社であるXinhuaと検索エンジンのSogouが協力し、2人のAIアナウンサーを誕生させました。生身の人間がニュースを伝えているかのようなリアルすぎる映像を見ると、「現実とは何か」というマトリックスのような問いかけをしそうになります。
2人のAIアナウンサーは中国・烏鎮で行われたWorld Internet Conferenceで発表されたもの。Xinhuaによると、AIアナウンサーは実際に存在する男性アナウンサーの声や顔から作り出したクローンだそうです。AIは人間のアナウンサーの映像から抽出したスピーチ、唇の動き、表情などから合成されており、ムービーを見るとあまりにリアルな映像に驚きます。一方で、両者の大きな違いとして「人間のアナウンサーは1日8時間しか働けないが、AIは1日24時間、週7日働ける」という利点がXinhuaによって挙げられています。
:
AIアナウンサーは、公式にXinhuaのレポーターチームに仲間入りしたとのことで、「他のアナウンサーたちと共に、信頼性が高く、タイムリーで、正確なニュースを中国語と英語で伝えることができます」とのこと。
英語担当のAIアナウンサーは、以下のムービーから見ることができます。
https://www.youtube.com/watch?v=GAfiATTQufk
:
なお、AIアナウンサーが活躍するのは英語・中国語アプリにおけるニュース、WeChatアカウント、テレビのウェブページ、Weiboアカウントといった、限定的な範囲となっています。
https://gigazine.net/news/20181109-first-ai-news-anchor/ 

|

« 東芝、ガスも売却 | トップページ | 完全にステマ、プログラミング教育 »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。