« 太陽光発電、いまやお荷物か。 | トップページ | 日本の貯蓄率に唖然 »

2018年10月13日 (土)

九電、太陽光発電制御へ=13日実施、国内初

太陽光発電、抑制元年か?。安定しない出力を送電線に繋ぎ、火力で調整するというシステムが問題。
 当然ながら火力の稼働率は落ち、余剰設備を抱えることになる。すくなくとも、これ以上の自然エネルギーは電池待ちでしょう。日本ガイシよろしく。
:
:
:
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018101200875&g=eco
:
 九州電力は12日、太陽光の発電事業者に対し、発電の一時停止を求める「出力制御」を13日に実施すると発表した。電力の供給が需要を上回り、大規模停電が起こるのを回避する。停止要請は、離島を除き、国内で初めてとなる。
 九州地方では13日は晴天が見込まれ、太陽光の発電量が急増すると予想される。一方、秋の過ごしやすい季節で冷房の利用が減る中、土曜日で工場などの稼働が少ないため、電力使用量は平日に比べ大幅に減少する。
 電力供給が需要を上回り、需給バランスが崩れれば、大規模停電の原因となる。出力制御により、過剰な発電を抑え、需給バランスを維持する。
 九電によると、制御するのは午前9時から午後4時。余剰電力がピークに近い午後1時の需給予想では、揚水発電や他地域への送電に使う電力を含めた総需要は1250万キロワット。これに対し、制御しない場合の供給力は1293万キロワットになる。(2018/10/12-21:59)

|

« 太陽光発電、いまやお荷物か。 | トップページ | 日本の貯蓄率に唖然 »

環境 新エネルギー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。