« 基礎研究予算、世界で四番目に | トップページ | KDDI,キッザニアを買収 »

2018年10月 9日 (火)

4Kモニタ、買ったよ。

これも時代だと思って4K対応のモニター買ったよ。コンテンツは今のところ無し。でも、ラズパイの画像を見たってなんだか綺麗。もう大画面は4K、8Kなんだろうなぁ。
:
:
:
関連記事

>韓国LG電子は29日、有機ELパネルを使った高精細の8Kテレビを世界で初めて開発したと発表した。大型テレビで現在主流の4Kに比べ4倍の解像度を持つ。韓国勢ではサムスン電子も2018年中に液晶パネルを使った8Kテレビを発売する見通し。世界市場を先導する韓国2社が、8K市場の立ち上がりで存在感を発揮しそうだ。
:
LG電子は独ベルリンで31日に開幕する家電見本市「IFA」で、画面サイズ88インチの有機ELパネルの8Kテレビを公開する。LG幹部は「有機ELと8Kの組み合わせで高級機市場をリードする」と話す。
:
 同社は、自発光する約3300万個の素子が、映像ごとに最適な色彩を表現すると説明。早ければ年内に発売するとみられるが、LG側は29日「発売日は確定していない」と言及を避けた。8Kの液晶テレビでは、シャープが17年10月に世界で初めて中国市場に投入し、12月に日本でも販売を始めた。
:
 英調査会社ユーロモニターによると、17年の薄型テレビ市場は世界シェア21%のサムスンと同16%のLGが2強。LG関係者は、今年の8Kテレビ市場は6万台規模にとどまる一方、22年には530万台規模に拡大するとみる。今後、ソニーやパナソニックなど日本勢が追随すれば、業界内で19年が「8K元年」に位置づけられるとの見方が出ている。
:
 8Kテレビについて、韓国の電機大手幹部は「4Kと比べると画質に明確な差がある。有機ELと液晶の差は消費者には分かりにくいかもしれないが、8Kは違う」と話す。数年後には8Kテレビが大型テレビの主流に切り替わる可能性が大きい。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34735590Z20C18A8FFJ000/ 

|

« 基礎研究予算、世界で四番目に | トップページ | KDDI,キッザニアを買収 »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。