« パイオニアの経営悪化が深刻 | トップページ | 企業の内部留保が過去最高。 »

2018年9月 3日 (月)

ソニー、30万円のイアヤホンを発売

ウエブスペクトラで計ったら8Kzまでしか聞こえなかった。まあ、年齢相応か。
http://nice.kaze.com/av/wavespectra.html
:
:
:

> IFA 2018の会場で、ソニーが「Signature」シリーズのイヤホンとして発表したのが「IER-Z1R」だ。コンセプトはコンサートホールの特等席で聞いているような“空気感の再現”。そして“音楽の楽しさの提供”を目指すハイエンドイヤホンだ。
http://ascii.jp/elem/000/001/734/1734432/02_01_500x333.jpg
:
ハイレゾ対応イヤホンであり、100kHzの高域までをカバーする。イヤホン構造は低音~低中高域を担当する12mmのダイナミック型ドライバー、高域用のBA型ドライバー、超高音域用の5mmダイナミック型ドライバーの3ウェイ構成。ハイブリッド式のイヤホンとしてもあまり例のない構成だ。
:
 3つのドライバーを、1つのインナーハウジングに取り付け、最適な位相で音が合わさる「リファインドフェイズ・ストラクチャー」構造を採用。ドライバユニット後方部の拡張音響空間に極細の音響管を接続する(サウンドスペースコントロール)で、周波数特性をコントロールする。これらはすべてソニーが新規開発したもので、実に豪華な構成で作られたモデルと言える。
:
イヤホンのハウジングはジルコニウム合金製で、表面には高級時計等で用いられるペラーシュ加工が施された。組立工場も、ソニーのプロフェッショナル向け製品を手がける国内工場で生産される。欧州での販売価格は2200ユーロ(約28万3899円)だ。
http://ascii.jp/elem/000/001/734/1734446/ 

|

« パイオニアの経営悪化が深刻 | トップページ | 企業の内部留保が過去最高。 »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。