« 東京、20台の十人に一人が外国人。 | トップページ | 沢藤電機、アンモニアから水素製造 高出力化にメド »

2018年8月20日 (月)

プログラミング教育がいよいよ

まあ、親は大変だろうがプログラミング塾大流行りか。
:
:
:
>http://agora-web.jp/archives/2034328.html
情報通信政策フォーラム(ICPF)では、調査研究レポート「プログラミング教育の進め方:教員の指導力向上を中心に」をサイトに公開しました。レポートの要点は次の通りです。
学習指導要領が改訂され、2020年から小学校においてプログラミング教育が必修化されました。この動きは中学校・高等学校でのプログラミング教育の充実にもつながっていくと期待されます。この施策が成功する鍵は、プログラミング教育への理解醸成と、それに基づく教員の指導力向上にあると調査研究チームは考えました。
:
プログラミング教育は、論理的思考(力)の育成・コンピュータプログラムとは何かを理解させる・プログラマーを育てるの三段階から構成されますが、義務教育段階では第一・第二段階に力点を置くのが適切です。第一段階ではコンピュータは不要で、どのような教科でも実施できるため、また、小学校教員は基本的に全科目を担当することから、研修は全現職教員を対象に必修として課すのが適切です。

|

« 東京、20台の十人に一人が外国人。 | トップページ | 沢藤電機、アンモニアから水素製造 高出力化にメド »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。