« 醸造もAIが | トップページ | 19年度実質成長率1%台予測 »

2018年7月 2日 (月)

リクルートのAI,校閲に威力

こういうのコンピユータは得意。ビッグデータが活用できれば精度も上がる。翻訳もそうだけど、職業としての将来性はキツイ。もともとコンピユータとは”計算する人”の意味で、計算尺やパスカル式計算機などを使って、弾道計算や構造計算を行う、主に高学歴の女性の仕事だったらしい。
:
:
:

>リクルートのAI(人工知能)活用特集の最終回。同社は、クライアント企業とカスタマーとなる個人の間を結ぶことで収益を生み出す。その過程では企業情報、求人情報、物件情報、結婚式場情報など膨大なテキストが発生する。同社はその校閲にAIを活用することで、大幅な業務効率化を進めている。
 「従来は校閲に1週間ぐらいかかっていたが、数秒でできるようになった」
 リクルートテクノロジーズITエンジニアリング本部データテクノロジーラボ部データテクノロジープロダクト開発グループの蓑田和麻氏は、AI校閲システムの効果の一端をこう説明する。
:
校閲スタッフの人数は大幅削減
http://trend.nikkeibp.co.jp/atcl/contents/18/00011/00004/ 

|

« 醸造もAIが | トップページ | 19年度実質成長率1%台予測 »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。