« OPEC増産に合意 | トップページ | IT人材70万人不足。 »

2018年6月23日 (土)

「Raspberry Pi」を利用したデジタルサイネージ導入事例

これは心強い。なにかと便利だもんね。
:
:
「Raspberry Pi」を利用したデジタルサイネージ導入事例
【北九州高速鉄道株式会社】
:
:
業務部 電気課 信号通信係 総括主任 山内大毅様 / 最高経営責任者 代表戸締役会長 廣瀬丈矩様
福岡県北九州市で、小倉北区、南区民、約40万人の足として暮らしを支える北九州高速鉄道(株)様。このたび、列車の発車時刻を表示するデジタルサイネージを駅改札前に設置するため、アイ・オー・データ機器が取り扱う小型コンピューター「Raspberry Pi 3 Model B」および43型液晶ディスプレイ「LCD-M4K431XDB」を導入されました。正確さと迅速さが求められる駅という現場で、いかに顧客満足の向上を実現されているのか。その導入の経緯と使用感について、北九州高速鉄道(株)の山内大毅様とシステム開発をされた(株)Local24の廣瀬丈矩様にお話を伺いま

http://www.iodata.jp/biz/case/2018/13/index.htm

|

« OPEC増産に合意 | トップページ | IT人材70万人不足。 »

Raspberry Pi」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。