« IT関連の人材を2025年まで毎年、数十万人規模で育成 | トップページ | GitHubその後 »

2018年6月 5日 (火)

マイクロソフト、GiTHub買収

お世話になってます。しかし、こうオープンソースが普及すると著作権ビジネスモデルはオワコンなのかも。趨勢はクラウドだな。GitHubも有料会員制になるにはミエミエ。いままでカネにならなかったものをカネにすることをマネタライズというらしい。googleにしたって検索エンジンに広告を載っけるなんて思いつかないもんな。
:
:
:
>米マイクロソフト(MS)は4日、ソフト開発者が設計図を公開・共有できるサイトを運営する米ギットハブを75億ドル(約8200億円)で買収すると発表した。MSは世界で約2800万人が利用するギットハブを取り込むことで、ソフト開発者向けのクラウドサービス事業を強化する。
 ギットハブは2008年の設立。スマートフォンの普及などとともに、無償公開し自由に改良できる「オープンソースソフトウエア」の開発や普及の基盤になってきた。開発者同士が情報をやりとりするソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の機能も果たしている。
:
 買収手続きは米国や欧州の独禁当局の認可を前提に18年中に完了する予定で、ギットハブの新たな最高経営責任者(CEO)にはMS副社長のナット・フリードマン氏が就任する。MSは買収後もギットハブの利用者が米アマゾンウェブサービスや米グーグルなどのクラウドサービスも利用できるようにするなど、ギットハブの経営の独立性は維持するという。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3136661005062018FF8000/

|

« IT関連の人材を2025年まで毎年、数十万人規模で育成 | トップページ | GitHubその後 »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。