« セガサミー 副業を解禁 | トップページ | 「タダでも欲しくない」不動産が日本中で増え続けている »

2018年5月13日 (日)

バーチャルリアリテーの新たな利用法

これは流行りそう。バーチャル旅行だね。ただ、残念なのは写真が撮れないこと。旅行って結局は写真撮りにいくんだからね。ナルシズムに訴えないと。フェイスブックやインスタグラムの成功の秘訣はココ。ワールドスクエアだって原理は同じか。
:
:
:

>YOMIURI ONLINE 2018年05月12日 11時44分
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20180512-OYT1T50070.html
 ビルの一室で国際線フライトの気分を味わえる体験施設「FIRST AIRLINES」
(東京都豊島区)が話題を呼んでいる。
:
 施設内には、実際の飛行機で使われていたファーストクラスとビジネスクラスの計12席が設置されている。
1回のフライトは約110分間。来場者は飛行機の離陸映像やVR(仮想現実)のゴーグルを付けて パリのエッフェル塔など観光名所の映像を楽しめるほか、客室乗務員(CA)役のスタッフが提供する 「機内食」を味わうこともできる。
:
 現在はニューヨークやパリ行きなど5路線。来週からは、1940年代のニューヨークや
壁で分断されていた頃のベルリンなど、時空を超えた「タイムトラベル便」も始まる。
完全予約制で料金はファーストクラスが5980円、ビジネスが4980円。
:
:
(続きは記事元参照)

|

« セガサミー 副業を解禁 | トップページ | 「タダでも欲しくない」不動産が日本中で増え続けている »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。