« ネコン各社が自律型ロボットや人工知能(AI)の活用による省人化の技術開発を加速 | トップページ | Pythonエンジニア育成推進協会 »

2018年5月28日 (月)

特殊美術造形ポータルサイト


羽村市産業振興課がやってる、五日市街道沿いのディスプレイ業のポータルサイト。

http://www.tokubi.jp/contact/

人のことは言えないにしろ零細ばかり。でも、ちょっと驚くのはその設備。なかなかのもんです。3Dプリンターは普通にある。
 一時期の機械屋の会社案内、宣伝はとにかく設備、あと取引銀行(信金が多い)。何を持ってるかで仕事が決まる。
 家族でやってるような町工場だってマシニングセンターって一千万くらいするんでしょ。それがズラっと並んでる。もっとも下町ロケットだって300人規模。陸王はもうちょっと小さかったか。

くらべてディスプレイ業といえば芸術系でマンパワー、竹やりでB29を撃墜するような話ばかりだったが、いつのまにか設備産業化してるんだね。これも時代、乗り遅れたところは淘汰か。
 金持ちは益々金持ちに、貧乏人は益々貧乏に(泣) いや、これぞ資本主義。

|

« ネコン各社が自律型ロボットや人工知能(AI)の活用による省人化の技術開発を加速 | トップページ | Pythonエンジニア育成推進協会 »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。