« 中学生、将来つきたい職業は?プログラマーが5位 | トップページ | ほとんど1984年(オーエル) »

2018年4月13日 (金)

戦争銘柄が上がっているらしい。

株って「他人の不幸は蜜の味」。困ったもんです。
:
:
https://news.infoseek.co.jp/article/gendainet_454736/
:
12日、日経平均は前日比マイナスで引けた。ところが、いわゆる“戦争銘柄”は逆行高を演じたのだ。機雷や地雷で知られる石川製作所は前日比でプラス6・2%の2360円(終値)。小銃や火器の豊和工業は2・8%アップの1245円だった。
:
 照明弾の細谷火工はプラス3・0%、防毒マスクの重松製作所はプラス6・0%、防弾チョッキ用の繊維を扱う北日本紡績も2・6%アップだ。日経平均がマイナスで引けただけに、戦争銘柄は異様な盛り上がりを見せたことになる(別表参照)。
:
「米朝の緊張が緩んでから、防衛関連株は冴えない動きとなっていました。シリア情勢の緊迫化で、こうした銘柄が“戻り高値”を探り始めたといえます」(株式アナリストの黒岩泰氏)

|

« 中学生、将来つきたい職業は?プログラマーが5位 | トップページ | ほとんど1984年(オーエル) »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。