« 顧客は展示会で見つけなさい。 | トップページ | 次世代車の共同開発, 仮想実験のシステムを構築 »

2018年3月31日 (土)

自動運転実現に向けた制度整備大綱

いよいよ自動運転ですか。
;
>緊急時に人間が操作することを前提とした自動運転技術
:
しかし、こういうの実用的に意味があるんですかね? 実験ならともかく、かえって疲れる気がするけど。
:
>自動運航船
:
飛行機はすでにオートパイロットがあるんでしょう。
:
>陸上からでも操船できる技術や設備の開発と、乗組員の育成も進めるべきだとしています。
:
ラジコンタンカーなんて結構スゴイよねぇ。無人爆撃機なんてもうあるんだから、これはすぐにでもできそう。
:

>政府がまとめた自動運転実現に向けた制度整備大綱は、技術進展の過渡期に安全性を確保し、実社会での普及を促すことが狙い。政府は今後、必要な法整備に取り組み、トラックの高速道路での隊列走行や無人車両による移動サービスといった新たな技術の実用化を進める考えだ。
政府は昨年5月、国家戦略「官民ITS構想・ロードマップ2017」を決定。平成32年までに緊急時に人間が操作することを前提とした自動運転技術(レベル3)、37年までに運転をシステムに委ねる完全自動運転を実現するとの目標を掲げている。
自動運転技術が進展すれば、高速道路で運転者が乗ったトラックが自動運転のトラックと隊列を組んで物を運んだり、無人の自動運転車でタクシーやバスのような移動サービスを行ったりすることも考えられる。大綱は32~37年ごろには、こうした自動運転車と一般の自動車が道路上で混在すると想定している。しかし自動運転車両はハッキングによる乗っ取りの可能性などの弱みがある。また、大雪などの悪天候時には十分に安全性能が発揮できなくなる恐れもある。
:
このため大綱では、自動運転車にサイバーセキュリティーの強化を義務付けるなど新たな安全基準を設けるため、道路運送車両法などの関連法を改定することを決めた。また、自動運転車による移動サービス導入の際には、地域差を考慮した上で走行環境条件を設定するとした。
一方、大綱は自動運転車による事故が起きた際には迅速な被害者救済が行われるよう、現行の自動車損害賠償保障法を活用する方向性を示した。事故の原因究明のためにデータ記録装置の設置を義務付けることの必要性も32年までに判断する。
2018.3.30 21:54
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/180330/mca1803302154015-n1.htm 

:

*船の自動運転
:
:
:目的の港まで自動的に航海できる「自動運航船」の実用化へ、国土交通省は3つの段階に分けて開発を進めるロードマップをまとめました。

:
このロードマップは、「自動運航船」を3段階のレベルに分けていて、最初の「フェーズ1」は、気象データなどから最適な航路を提案する技術で、一部で導入されています。

次の「フェーズ2」は、衝突の危険性のある船を見つけて、その情報を船員に伝えるとともに、衝突を回避するための操船も自動でできる技術です。7年後の2025年に向けて、陸上からでも操船できる技術や設備の開発と、乗組員の育成も進めるべきだとしています。

最終段階の「フェーズ3」は、緊急時などを除いて人が操作する必要がない技術です。普及までには相当の期間が見込まれる一方、事故が起きた際の責任の在り方などの検討を始めるべきだとしています。
:
「自動運航船」は、国内の大手海運各社も衝突の危険性を自動で判断するシステムなどの研究を進めていて、世界的に開発競争が激しくなる見通しです。
3月31日 4時27分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180331/k10011386301000.html

|

« 顧客は展示会で見つけなさい。 | トップページ | 次世代車の共同開発, 仮想実験のシステムを構築 »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。