« キャッシュレスが経済を押し上げる1つのキーワード | トップページ | 技術者が足りない? »

2018年1月16日 (火)

インテルCPUに脆弱性

困ったもんです。
:
:

>CPU(中央演算処理装置)に起因するセキュリティー上の脆弱性が明らかになった問題で、米インテルは4日、過去5年間に製品化したパソコンやサーバー向けCPUの半数以上で脆弱性を補う更新を実施したと発表した。CPUを制御する「ファームウエア」を修正した。来週末までには「90%以上のCPUに対して更新を行う」としている。

発覚した脆弱性は悪意がある攻撃により、CPUで処理している情報を盗み見されるリスクがあるというもの。実被害は報告されていないが、インテルのCPUでは2種類の懸念が指摘されており、パソコンやクラウドサービスで使われるサーバーのCPUでの世界シェアが高いことからも対策が急がれていた。3日に開いた電話会見では「数日内に更新を行う」と説明していた。

 同問題では、マイクロソフトやグーグルのようなパソコンやスマートフォンの基本ソフト(OS)を提供する企業もすでに更新を行っている。同じCPUメーカーであるアドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)や、CPUの設計を担う英アーム・ホールディングスも含め、ウェブサイトなどで対策状況を逐次公表している。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25349280V00C18A1000000/

|

« キャッシュレスが経済を押し上げる1つのキーワード | トップページ | 技術者が足りない? »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。