« 100万キロワットの水素発電所建設 | トップページ | 街が小さくて古い,中国人の本音 »

2017年12月12日 (火)

水素ステーションを国内80か所に建設

EV推進といったって電力網の整備までさかのぼらなければならない。FCVとは住み分ける形
になるのではないか。注目ですね。
:
:
>トヨタ自動車や日産自動車、JXTGエネルギーなど11社は、2022年3月末までに水素ステーションを国内都市部の80カ所に共同で建設する方針を固めた。来春に共同出資会社を設立し、消費者の燃料切れの懸念を払拭できるよう、水素ステーションの効率的な配置計画をつくる。日本の自動車メーカーが先行する燃料電池車(FCV)の普及を後押しする。
 新会社にはホンダや出光興産、東京ガス、岩谷産業、豊田通商、日本政策…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24492280R11C17A2TJ2000/

|

« 100万キロワットの水素発電所建設 | トップページ | 街が小さくて古い,中国人の本音 »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。