« IT現場は限界集落 | トップページ | 悲願達成! ラズパイ初出荷! »

2017年12月25日 (月)

首都圏のマンション供給4%増加

しかし、オリンピック後はどうなるんだろうか?マンションではないが近所は建売ラッシュ。マンションと違って狭い土地でも建てられるからかな。膨大な数の空き家は最後には税金で処理せざるをえなくなる。未来が明るいなんてとても思えない。
:
:
:

>来年1年間に首都圏で発売されるマンションの戸数について、民間の調査会社は、再来年に予定されている消費税率の10%への引き上げを前に、駆け込み需要を見越した発売が相次ぐなどして、ことしより4%余り増えて3万8000戸に上ると見通しています。
民間の調査会社「不動産経済研究所」によりますと、東京・神奈川・埼玉・千葉の1都3県で、ことし1年間に発売されるマンションの数は、去年より1.8%増えて3万6400戸となる見込みです。
そして来年は、年間の発売戸数がことしより4.4%増えて3万8000戸に上ると見通しています。これは、再来年に予定されている消費税率の10%への引き上げを前に、駆け込み需要を見越した物件の発売が、郊外で相次ぐと見られるためです。
地域別の発売戸数の見通しは、東京23区はことしと変わらず1万7000戸、23区以外では2.4%少ない4000戸となる一方、埼玉は15.4%、千葉は32.4%増えて、いずれも4500戸としています。
不動産経済研究所は「千葉や埼玉では、再開発や大型の物件の売り出しも予定されており、増税前の駆け込み需要によっては、首都圏での発売戸数が4万戸に達する可能性もある。駅の近くなど立地がよい物件の人気が依然として高く、マンションの平均価格は高止まり傾向が続きそうだ」と話しています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171225/k10011270231000.html

|

« IT現場は限界集落 | トップページ | 悲願達成! ラズパイ初出荷! »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。