« 世界の広告費の25%をGoogleとFacebookが押さえている | トップページ | 水素ステーションを国内80か所に建設 »

2017年12月11日 (月)

100万キロワットの水素発電所建設

町中に水素ステーションはありそうにないが、水素の魅力は不安定な自然エネルギーを蓄積できそうなこと。電池のように自然放電しない。低圧であれば配管で輸送できる。しかし、まだまだ”可能性”じゃないかな。
:
:
:
>環境に優しいとされる、水素エネルギーを本格的に活用する「水素社会」の実現に向けて、政府は、2030年ごろに水素を燃料とする発電を商用化し原子力発電所1基分に相当する100万キロワット規模の発電を目指すとした基本戦略の案をまとめました。
政府は、世界に先駆けて「水素社会」を実現するため、ことし4月に関係閣僚による会議を開くなど、基本戦略の策定に向けた検討を進めてきました。
その結果、このほどまとまった基本戦略の案によりますと、水素エネルギーの普及には調達と供給のコストを下げることが不可欠だとして、水素を取り出す石炭などの海外資源の確保や、水素の効率的な輸送を可能にする技術など、国際的な調達網の構築を進めていくとしています。
そのうえで、2030年ごろに水素を燃料とする発電を商用化し、原子力発電所1基分に相当する100万キロワット規模の発電を目指すとしています。
さらに、水素を燃料とする次世代のエコカー、「燃料電池車」についても、「燃料電池バス」を、2030年度までに1200台程度導入するとした新たな目標を盛り込んでいます。
:
政府は、今月中に関係閣僚会議を改めて開いて、こうした内容を基本戦略として正式に決める方針です。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171209/k10011252561000.html

|

« 世界の広告費の25%をGoogleとFacebookが押さえている | トップページ | 水素ステーションを国内80か所に建設 »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。