« ホントの話かしら? | トップページ | 人民網日本語版 日本の製造業を分析 »

2017年11月 8日 (水)

求人倍率の高さは離職率の高さ

たしかに、身の回りでも転職組が増えている。基本的に良いことだと思うけど。ディスプレイ業界じゃ新人を雇うなんてまず無理だな。バブル期であれば将来性があるような気分があったが、もうそれはない。
>自民党は2日に発表した総選挙公約で、正社員の有効求人倍率が1倍を超えたことをアベノミクスの成果と自慢しています。しかし、有効求人倍率の上昇は雇用の改善などではありません。職業別にみると、離職率が高い職業で有効求人倍率が高くなっています。
:
 有効求人倍率と離職率を統一的に把握できる統計はありません。そこで、離職率は「雇用動向調査」、有効求人倍率は「一般職業紹介状況」を合わせて分析すると、傾向が明らかになります。
:
 飲食店や宿泊施設などのサービス業を含む「接客・給仕の職業」の有効求人倍率は、3・92倍と全国平均を大きく上回っています。同様の職業を含む「宿泊業・飲食サービス業」の離職率は、30・0%と全産業で最も高くなっています。非正規雇用比率の高さや、月額13万5940円という全産業平均(同37万823円)を大きく下回る低賃金が背景にあります。
:
 介護職員などの有効求人倍率は3・63倍、保育士など「社会福祉の専門的職業」は2・64倍といずれも高くなっています。これら「医療・福祉」の離職率は14・8%。責任が重く夜勤があるなど労働環境が厳しいのに賃金が低いため、資格を持つ人が別の職種に移る状況が続いています。十分な処遇改善を怠ってきた政府の無策が離職を促しています。
:
 非正規雇用の拡大や福祉切り捨てなど、歴代自民党政権による悪政が有効求人倍率を押し上げたのです。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-10-04/2017100406_03_1.html

|

« ホントの話かしら? | トップページ | 人民網日本語版 日本の製造業を分析 »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。