« 12歳で量子力学の論文執筆 w(゚o゚)w | トップページ | テスラがリストラ。 »

2017年10月16日 (月)

パワーポイントの画像をラズパイに取り込み外部制御する。

パワーポイントで画像を作る人は増えていますが外部制御は無理でしょう。(APIをどうにかすればできるらしい)。ラズパイに画像を取り込んでタッチパネル、押し釦、ギミックと連動ができます。USBメモリがらファイルの読み込み(基本的に電源on時)ができますから、ユーザーサイドで画像の変更ができます。
 ただ、パワポの画像はサイズが小さく、無理に拡大すると画質が落ちる。そこで以下の方法
をご紹介します。オープンオフィスのImpressでも良いようです。
*パワーポイントのスライドを高画質な画像として出力するための2つの方法
http://thepopp.com/export-slides-as-high-resolution-images/

|

« 12歳で量子力学の論文執筆 w(゚o゚)w | トップページ | テスラがリストラ。 »

Raspberry Pi」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。