« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月31日 (火)

ヤマダ電機が電気自動車 20年までに、100万円以下

将来はともかく、当面EVはガソリン車と競合する必要も無いように思う。たとえば、ガソリンスタンドがない途上国、日本の地方など、家庭用電源や太陽光で充電できるなら、多少の

不便は我慢しようという気にもなると思うよ。それにしても100万円以下とは。

>ヤマダ電機が電気自動車 20年までに、100万円以下

2017/10/31 2:00日本経済新聞 電子版

 家電量販最大手のヤマダ電機が電気自動車(EV)事業に参入する。EV開発のベンチャー企業に出資し、部品は中国の自動車大手からの調達を見込む。生産は船井電機に委託し、2020年までに低価格のEVを発売する。EVはガソリン車より参入障壁が低く、自動車以外のメーカーも発売を計画する。ヤマダ電機のような小売事業者までプレーヤーが広がり、競争が激しくなる。

 ヤマダは30日、EVベンチャーのFOMM(フォム、…

| | コメント (0)

メガバンクでリストラ

IT化が一番しやすそうな業種。現金の受け渡しがなくなればリアル店舗は要らなくなるもんね。オリンピックが終わればおそらく大不況。変わらなければ生き残れない時代になるんだろうな。大手は小回りが効かない分仕掛けが早い。
:
:
:
>マイナス金利や人口減で国内の銀行業が厳しい中、メガバンクが事業見直しを進めている。最大手の三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)は、三菱東京UFJ銀行の店舗の最大2割程度の削減を検討。みずほFGはIT化などで今後10年で1万9千人分の業務量を減らす。組織のスリム化で収益力を高める。
:
 三菱東京UFJ銀は約480店のうち1~2割の統廃合を検討する。今後具体案をまとめ、来年度から3年間で進める。また今後15年で店舗を中核店とその他の店に分ける。多くの店は「軽量化店舗」として人員を減らし、窓口業務を完全にデジタル化した無人店も増える見通しだ。ここ10年で来店者は4割減ってネットバンキングの利用が増えており、地域性を見極めながら店舗配置を見直す。IT化による業務見直しも進めて、国内従業員約3万人の3割にあたる9500人分の業務を削減する。
:
 みずほFGも店舗の統廃合や業務見直しを進める方針で、近く構造改革案として公表する。全国約800店の機能を見直し、20~30店の統廃合を検討。事業効率化で、今後10年で従業員6万人の3割にあたる1万9千人分の業務を減らす。希望退職の募集などはせず、退職数と採用数の調整で対応する。事務部門を効率化して営業部門に再配置する。みずほ銀行やみずほ信託銀行、みずほ証券の事務作業を別会社に移すことも検討する。三井住友銀行も効率化で、今後3年で4千人分の業務量を減らす。
http://www.asahi.com/articles/ASKBX5JTFKBXULFA00G.html

| | コメント (0)

2017年10月30日 (月)

アニメ産業 二兆円突破

海外との競争が激しくなりそうな予感。一番、アメリカも持っていきそうな分野。でも、日本で発展してる分野ってそうはないからね。取りあえずは目出度い。
>テレビや映画、海外展開といったアニメ産業の市場規模が去年初めて2兆円を超えたことがわかりました。調査を行っている業界団体は海外でのアニメブームや楽しみ方の多角化が市場規模の拡大につながっていると分析しています。
アニメーションの制作会社などで作る日本動画協会は国内にある制作会社およそ100社を対象に、テレビや映画、動画配信、海外展開など9つの項目ごとに売り上げを算出し、毎年、アニメ産業に関する市場規模の調査結果をまとめています。
:
それによりますと市場規模は年々拡大し、去年はおととしを1800億円ほど上回って2兆9億円となり、平成14年から続けている調査の中で初めて2兆円を突破しました。
:
このうち海外での映画の上映やDVDの販売などが7676億円と最も多く、次いでキャラクターグッズの売り上げなどが5627億円となっています。
:
2兆円を突破した主な要因としては海外での日本アニメブームや声優のライブやイベントなど楽しみ方の多角化、それに映画「君の名は」などのヒットが挙げられるということです。
:
日本動画協会事業委員会の増田弘道副委員長は「アニメを楽しんでもらうビジネスの手法が確立されてきていることが、大きな市場につながってきている。海外での売り上げを考えると、市場規模はまだまだ拡大する可能性がある」と話しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171024/k10011195241000.html

| | コメント (0)

2017年10月29日 (日)

Linuxの開発者はスキューバダイビングが大好きらしい。

こうした開発者はどうやって生活しているのか不思議。
:
:
:
>Linuxの生みの親として知られるLinus Torvalds氏がオープンソースで開発するダイバーログソフト「Subsurface」最新版となるSubsurface 4.7.1を公開したことを23日、公式ブログで発表している。LinuxとMac、Windowsとクロスプラットフォームに対応する。公式サイトからダウンロードできる。
:
Subsurfaceは、カーネルの開発に明け暮れるLinus Torvalds氏が、2011年の秋のとある休息時、Linuxで動作するまともなダイブログソフトが無いことへのフラストレーションから生み出された、とコンピューター以外ではスキューバーが唯一の趣味というほどダイビングを愛する同氏とチームが開発するオープンソースのソフトウェア。
:
対応する各メーカーのdive computerやWebサービスなどから各種ログを取り込み、深さや時間などのダイブ情報をグラフや表、位置情報を用いたデータ記録"logbook"として保管できる。詳細なマニュアルも同梱(英文)されているが、写真やGPS情報、水温やと様々なデータを取り込むことで詳細な記録が保存できるほか、深さや水圧、ボンベの中の各種気体の入力からダイビングのプランニングを立てられるDive planner機能を搭載する。
:
11日にはAndroidでデータ閲覧が可能になる「Subsurface-mobile 2.0 for Android」もローンチするなど鋭意開発が進んでおり、23日にはPC版Subsurface 4.7.1が公開。4.7.1ではバグフィックスや地図関連の改善、データ入出力の種類やサポートするdive computersの増加が図られている。ブログでは、Bluetooth LE(Low Energy)対応dive computerへの限定的な対応にも言及、Mac環境やQt 5.9.2以外の新バージョンでのLinux環境では動作するようだとしている。
http://news.mynavi.jp/news/2017/10/27/213/images/002.jpg
http://news.mynavi.jp/news/2017/10/27/213/

| | コメント (0)

2017年10月27日 (金)

トヨタ、新型「センチュリー」はV8 5.0リッター+THS IIのハイブリッド仕様に

儲けさせてくれたれたら買うよ(o^-^o)
:
:
:
:
トヨタ、新型「センチュリー」はV8 5.0リッター+THS IIのハイブリッド仕様に。2018年発売 - Car Watch
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1084601.html
東京モーターショー2017で初公開
:
http://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/1084/601/01_s.png
http://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/1084/601/t10_s.png
:
http://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/1084/601/t07.jpg
 トヨタ自動車は10月5日、「第45回東京モーターショー2017」(会期:2017年10月27日~11月5日)に新型「センチュリー」を公開すると発表した。新型センチュリーは2018年年央に発売を予定する。
:
 3代目となる新型センチュリーは、高い環境性能や搭乗者の快適性を追求したパッケージの実現、センチュリーのヘリテージを継承しつつ新しい魅力を付与した内外装デザイン、ショーファーカーとしてふさわしい先進装備・快適装備の採用などに重点を置いて開発が進められた。
:
 トピックとなるのは新型センチュリーがハイブリッド仕様になったこと。具体的には直噴技術「D-4S」を採用したV型8気筒5.0リッター「2UR-FSE」エンジンを搭載し、ハイブリッドシステム「THS II」を組み合わせることでクラストップレベルの低燃費を追求。トランスミッションには2段変速式リダクション機構を搭載し、静かで滑らかな走行を実現するという。
:
 インテリアでは、高さを揃えた杢柄オーナメントを前席シートバッグやドアトリムショルダーに配すことで横方向の広がりを強調。シート表皮には、伸縮性に優れ柔らかい触感を持つ100%ウールの本物素材を採用したファブリック仕様と、柔らかな触感の最高級表皮を採用した本革仕様を設定した。前席では後席同様に杢柄を横基調に施すことで広がりを強調するとともに、インストルメントパネル中央部に黒杢加飾をあしらうことで、端正かつ品位ある質感を表現。
:
 また、ライティングテーブル、読書灯、大型ディスプレイ付リヤシートエンターテインメントシステム、20スピーカープレミアムオーディオといった快適装備が与えられる。

| | コメント (0)

2017年10月26日 (木)

Linuxシェア続伸中

アンドロイドは入ってるのかな。ちなみにraspberry piのraspbianはLinuxベースな。中心になってるのは元ノキアらしい。
>Net Applicationsから2017年9月のデスクトップOSのシェアが発表された。2017年9月はWindowsがシェアを減らし、MacとLinuxがシェアを増やした。特にLinuxは8月と9月で大きくシェアを増やしており、この2カ月でシェアを2倍ほどまで増やしている。
:
デスクトップ向けオペレーティングシステムのシェアがここまで大きく変動することは珍しい。Macもシェアを増やしているが、Linuxの増加率のほうが大きい。同様の傾向が続いた場合は、LinuxのシェアがMacのシェアを超える可能性もある。
:
バージョン別に見ると、Windows 10はシェアを増やしているものの、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7、Windows Vista、Windows XPはシェアを減らしている。古いWindowsからWindows 10への移行が進んでいるというよりは、Windows以外のオペレーティングシステムへの移行が進んでいる可能性がある。
:
http://n.mynv.jp/news/2017/10/02/160/images/001l.jpg
http://n.mynv.jp/news/2017/10/02/160/images/002l.jpg
1 Windows 88.88% 90.70% ↓
2 Mac 6.29% 5.94% ↑
3 Linux 4.83% 3.37% ↑
4 FreeBSD 0.01% 0% ↑
http://news.mynavi.jp/news/2017/10/02/160/

| | コメント (0)

2017年10月25日 (水)

いつかはクラウン

やっぱカッコいいね。
「東京モーターショー2017」で、トヨタは2018年発売予定の新型「クラウン」を予告するコンセプトモデル「CROWN Concept」と、新型「センチュリー」を初披露した。
初公開された「CROWN Concept」
http://image.itmedia.co.jp/business/articles/1710/25/sk_toyota01_07.jpg
■全ての写真はこちら
http://image.itmedia.co.jp/l/im/business/articles/1710/25/l_sk_toyota01_01.jpg
トヨタが出展した「CROWN Concept」は、2012年に発売した現行モデルの後継となる15代目クラウンのコンセプトモデルだ。
新型はTNGA(Toyota New Global Architecture)に基づきプラットフォームを一新し、ゼロから開発。ドイツ・ニュルブルクリンクで鍛えたという走りもセールスポイントだ。標準装備する車載通信機を使ったコネクテッド(つながる)サービスも特徴だ。
コンセプトモデルのサイズは4910(全長)×1800(全幅)×1455(全高)ミリ(ホイールベース2920ミリ)、定員は5人。
新型センチュリー
http://image.itmedia.co.jp/business/articles/1710/25/sk_toyota01_02.jpg
公用車などに使われる高級セダン「センチュリー」を21年ぶりにフルモデルチェンジする新型も初公開。国産乗用車唯一だったV型12気筒エンジンを廃止し、5リッターV型8気筒エンジンとハイブリッドシステム(THS II)を採用することで燃費性能、静粛性などを高めている。全長やホイールベースを拡大することで後席スペースが広がり、快適性も高めているという。18年の発売を予定している。
配信2017年10月25日 10時04分
ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1710/25/news059.html

| | コメント (0)

東芝 次世代SCiBは6分間充電。

これで東芝は盛り返せるのかどうか。ただ、ガソリンに比べて電気が安いたってガソリン価格
の半分は税金だからねぇ。補助金でEVが普及しガソリン税がなくなったらますます財政破綻するんじゃないの?
:
:
:
https://news.infoseek.co.jp/topics/clicccar_523472
:
また、次世代SCiBは現行SCiBのよりも優れた長寿命・耐低温特性を備えており、試作した電池を用いた実証では、充放電を5000回繰り返しても90%以上の電池容量を維持できること、:およびマイナス10℃の低温環境下における10分間の超急速充電を確認したということです。
:
東芝では、開発中の次世代SCiBを2019年度には製品化することを目指しており、2〜3年後には6分という短時間でガソリン車のガソリン補給のように短時間で充電できるEVが登場する可能性があります。

| | コメント (0)

2017年10月24日 (火)

シュミレータでとトヨタはカモにされるらしい。

そういえば風洞実験用の模型の話は聞かなくなったな。
>ドイツのアウディは17年7月、自動運転車「A8」を今秋に発売すると発表した。人ではなくクルマ主導で動くレベル3の自動運転車として世界初。日本勢では、先頭を走る日産がレベル2、他社はレベル2の商品もまだ発売できていない状況だ。その要因をジャーナリスト・井上久男氏が解説する。
 自動運転で日本勢が出遅れたのは、「バーチャル設計」を軽視してきたからだ。仮想的なシミュレーションを駆使して、設計段階の工程を効率化する方法。ものづくりの革新につながる手法として、注目されている。
 自動車はコンピューターの塊と化しつつあり、ソフトウェアの量を示す「行数」は高級車ともなれば、最新鋭航空機の2倍近い1千万行とも言われる。自動運転のクルマでは、さらに行数が増える。
 高速走行や悪路での運転など、様々な環境を想定。こうした条件下で、ソフトがどのように干渉したり、協調したりするかをバーチャルで確認するノウハウが求められる。実物で確認しようとすれば、開発に膨大な時間がかかるためだ。
 ある日本のベテラン技術者は「トラックのブレーキシステム開発だけで、500種くらいのソフトがある。それを実車で確認しながら開発すると、費用は莫大になる」と話す。
 こうした現実を見据え、ドイツではバーチャル設計のシミュレーションソフトを開発する企業が力をつけてきた。マツダのスカイアクティブエンジンは、コンピューター制御で燃費の良さを実現させたが、ドイツ製ソフトを使って複雑な開発を短期間で終わらせた。
 日本もCADやCAM、CAEといったコンピューター技術を使った設計、製造、解析支援を取り入れてはいる。ただ、これは止まっている状態での静的解析が中心。ドイツのシミュレーション技術は時速200キロの高速状態を仮想で作り出し、クルマの様々な動きを解析できるほど優れているという。
 業界では、この技術開発で最も遅れているのがトヨタと言われている。
 トヨタは「現地現物」を企業哲学の一つとして掲げている。実車で確認しないと不具合が発生してリコールが多発すると考え、バーチャル設計に力を入れてこなかった。これが裏目に出た形だ。トヨタは豊富な開発資金と多くの要素技術を持つのに、EVや自動運転で出遅れた。それは、バーチャル設計のノウハウが足りないからなのだ。
 自動運転技術への出遅れは、もう一つの危機も生む。技術標準など、業界のルールづくりへの乗り遅れだ。
 ドイツメーカー関係者は「シミュレーションソフトは実物で確認する以上に精度が高い。実物の試作車をいかに減らして開発する力があるかが、今の時代は問われる」と言う。ドイツはこのシミュレーション技術でデファクトスタンダード(事実上の標準)を獲得するねらいだ。
 ある部品メーカー関係者は「負けを認めたトヨタは最近、ドイツのソフトを開発部門に全面導入することを決め、大きく方針転換した」と打ち明ける。
中略
シリコンバレー駐在経験がある日本メーカーの技術者は、こう説明する。
「組織運営には、OBも含めてスタンフォード大とグーグルの関係者が関与している。自動運転でもグーグル方式の技術を世界に普及する別動隊ではないか。日本はこうした動きの蚊帳の外に置かれている」
 講習カリキュラム作成を担当するのは、独ダイムラーや画像処理の半導体に強い米エヌビディアなど。このほか、「パートナー」と呼ばれる協力企業がある。米国のグーグル、フェイスブック、アマゾン、ドイツのBMWやボッシュ、韓国のサムスン……。日本企業は今のところ一社もない。
 ある日本企業がユダシティのパートナーになろうと打診したが、「日本企業はクライアント」と一蹴されて断られたという。日本企業を「カモ」にするねらいではないか。
https://news.goo.ne.jp/article/dot/bizskills/dot-2017092000009.html

| | コメント (0)

2017年10月23日 (月)

オリンピックに向けて着々と進む

Wev系は人手不足で大変らしい。
:
http://agora-web.jp/archives/2029072.html
「2020年に向けた社会全体のICT化推進に関する懇談会」幹事会@総務省。
坂村健さんが主査。
2020Tokyo大会に向けたIT基盤の整備策をたたかわせています。
ぼくはデジタルサイネージや高度映像配信などの立場で参加しています。
大人数の会議でして、政府は総務省、経産省、内閣官房、国交省、スポーツ庁、観光庁。
東京都やオリパラ組織委。
通信、放送、メーカ、商社、広告、ソフトハウス、大学などなど。

| | コメント (0)

2017年10月22日 (日)

27日 東京モーターショー開催

海外勢の不参加もあって低調なもよう。たしかにもう日本は主要マーケットではなくなったのかも。これも時代の流れか。

http://matome.response.jp/articles/661

| | コメント (0)

核融合科学研究所,ヘリカル型で一億二千度を達成

環境にやさしいEVとはいえだったらその電気はどうやって作るの? という問題。核融合が実現しさえすれば発電の問題は解決されそう。
 しかしEV、一番実用的なのは、夜間家庭用電力で充電して昼間走るというスタイル。短時間充電は進めば進むほど充電設備が大げさになってしまう。乗用車であれば、そうそう遠出する機会もないだろう。たまに遠出するときだけ、レンタル発電機を積むという構造にはできないものだろうか。どちらにしても、まだまだ価格が高すぎるよ。
:
:
:
大学共同利用機関法人自然科学研究機構
核融合科学研究所
:
イオン温度1億2,000万度を達成
概要
 自然科学研究機構 核融合科学研究所(岐阜県土岐市 所長 竹入康彦)は、我が国独自のアイデアに基づいた世界最大級の超伝導核融合プラズマ実験装置である大型ヘリカル装置(LHD)を用いて、平成29年3月7日より行ってきた重水素実験で、プラズマ中のイオンの温度1億2,000万度を達成しました。
この温度は核融合を実現するために最も重要なプラズマ条件の一つであり、今回の成果により、定常運転性能に優れたLHD方式によるヘリカル型核融合炉実現への見通しを確立しました。
:
研究の背景
 LHDでは、これまで軽水素ガス(一般に用いられる水素ガス)を用いて実験を行ってきましたが、本年3月7日より、軽水素の同位体で2倍の重さを持つ重水素ガスを用いた実験(重水素実験※1)に移行しました。
これまでに行われたトカマク型※2のプラズマ実験装置における実験結果から、重水素プラズマは軽水素プラズマより性能(温度等)が向上することが分かっており、
同様の性質がヘリカル型※3のプラズマ実験装置でも観測されることが期待されるため、ヘリカル型装置で初めてとなるLHDの重水素実験によるプラズマの高性能化に関心が高まっています。
 核融合を実現するために最も重要なプラズマ条件の一つに、イオン温度1億2,000万度があります。トカマク型装置では、既にこの条件を達成していますが、将来の核融合発電に必須の定常運転に課題を残しています。
それに対して、LHDのようなヘリカル型装置は定常運転性能に優れていますが、イオン温度1億2,000万度に代表されるプラズマの高性能化に課題を残していました。世界最大級のヘリカル型装置であるLHDでは、トカマク型装置においてプラズマの高性能化が達成されている重水素実験を開始したところですが、僅か1週間でイオン温度1億度を達成するなど、この課題を解決することが期待されていました。
:
実験方法
     ===== 後略 =====
全文は下記URLで
 http://www.nifs.ac.jp/press/170809.html

| | コメント (0)

2017年10月21日 (土)

カイザンオールスターズ?

ネット界隈では「東芝、三菱自動車、日産、神戸製鋼」をしてカイザンオールスターズと呼んでいるらしい(笑)。オールスターかどうかは、まだまだ分からないが、しかしこの記事。コンプライアンス(法令順守)とはいうものの、都合のいいときだけ、都合のいい法律を守るというわけにもいかない。。そうなればもはや法ではなく単なるご都合主義。守れというなら法律全部を守る、それでこそ法の権威というものだろう。
 
法律の方にも問題があって、かって道路の速度制限を守ると大渋滞が起こって経済は崩壊すると言われた時代があった。要するに適当に速度制限の法律を作って、あとは裁量で
現実に合わせていたわけだ。ただ最近は制限速度を守っても不都合はなくなった。法律の精度も進化したわけだ。精度の高い整合性のある法でなければ権威など生まれるはずがない。当方は埼玉4区だが、あの”ハゲー!”にそんな法律作れるのかしら?大丈夫なんでしょうか?
  明治の大維新、一等国には憲法があり、脱亜入欧には憲法が必要とプロイセンかどっかの憲法をコピペしたのが明治憲法。マッカーサーが一週間で作ったのが日本国憲法。
 まあまあ良くできているのでずっと使ってきたが、発布の経緯を思えば、日本は到底法治国家などとはいえそうもない。既得権益にどっぷりと浸かった政治業界にとっては当たりまえなのかもしれないが、これをアーキテクチャーと言い換えたら事の深刻さがわかるというもの。
 さあ明日は選挙ですよ!  
>日産自動車、神戸製鋼所と企業の不祥事が相次いで明らかとなったことで、投資家は日本企業に対して不信感を募らせている。業界トップクラスの大企業で表面化する不正に企業統治のあり方が問われている。
:
「不正は個別企業で定期的に出てくる問題。まだ氷山の一角」。アバディーン投信投資顧問の窪田慶太インベストメント・マネジャーはこう指摘する。「定期的にこういった問題が起こってくる状態では、コンプライアンス(法令順守)体制が甘い会社が他にもあるだろうということになる」とみている。
:
日産自が9月29日に無資格の従業員が車両の完成検査をしていた問題を発表したのに続き、今月8日には神戸製鋼所がアルミや銅の製品の一部で強度などの性能データを改ざんしていたことが明らかになった。神戸製鋼所の改ざん問題では、トヨタ自動車やホンダ、スバルなどの自動車各社がデータ改ざんのあったアルミ製品を使用していたほか、三菱重工業やIHI、川崎重工業、日立製作所でも使用されており影響は産業界に広く波及している。
:
UBS証券ウェルス・マネジメント本部の日本株リサーチヘッドを務める居林通氏は、日本の製造業は「過去の成功体験を引きずってしまっている」と指摘。団塊の世代が退職したことで現場で経験豊富な人材が不足しており、コストを抑えながら製品の品質を一定の水準に保つということが難しくなっているとの見方を示した。「会社全体として生産性を上げ、品質も含めて生産性をモニターしていくシステムが必要」と話した。
:
今月5日に半導体子会社の買収契約がまとまった東芝では、経営トップが関与した不正会計が長年行われ、さらに経営再建に取り組む中で原子力事業を巡り巨額の減損損失を計上。8月には東証2部市場に降格した。三菱自動車では燃費試験での不正行為が発覚し、日産自が第三者割当増資を引き受け筆頭株主となった。また、部品メーカーのタカタはエアバッグの大量リコール問題で経営破綻した。
:
日本特有ではない
企業のガバナンス普及などを目指す会社役員育成機構のニコラス・ベネシュ氏は、日本の製造業では過去に東芝やオリンパスの事例から不祥事が会社の経営問題にまで発展する可能性があることは十分に理解されており、不正な行いを正さなければいけないと多くの人が感じていると指摘。「そういったことに気付けない組織で問題が起きている」と話した。
:
企業統治やコンプライアンス上の問題は世界的なもので、「隠ぺいを日本特有の問題とするのはフェアではない」と語る。「興味深いのは、ほとんどの日本企業の不正には金銭的な欲求が背景にあるわけではないこと」で、「特に安全性や品質のようなものが関わっている場合には、何かが間違っているということを認めることのできない体質」が根本にあると述べた。
:
企業のコンプライアンス問題に詳しい郷原信郎弁護士は、「不正は最近始められたことではなく、組織内で潜在化していたカビ型の問題」と話す。同氏は個人の利益のために個人の意思で行われる行為を「ムシ型行為」と分類。これに対して「カビ型行為」は、組織の利益のために組織の中で広がりをもって長期間行われているものを指す。
:
「カビ型行為が企業社会にまん延している」と指摘。原因となっている構造的な問題を改めない限りはカビ型行為は解決できないため、匿名性を確保できる自由記述型のアンケート調査を実施して潜んでいる問題を全て明るみに出す必要があると話した。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-10-10/OXLJS76JTSEA01

| | コメント (0)

2017年10月20日 (金)

日産 国内出荷停止

三菱を吸収合併したばかりでなんかどっかの政党みたい。他方神戸製鋼は株価急回復。
>日産自動車は国から問題を指摘されたあとも、資格のない従業員が不適切な検査を続けていた工場は1か所だけでなく、神奈川県横須賀市にある追浜工場など、合わせて4か所に上ることを発表しました。これを受けて、国内に6か所あるすべての工場で、国内向けの車の出荷を停止することを決めました。
日産が新たに不適切な検査を明らかにしたのは、神奈川県横須賀市にある追浜工場や栃木県にある栃木工場など3か所で、国から一連の問題が指摘されてからも、車の出荷前の検査を資格のない従業員が行っていた工場は合わせて4か所になりました。
:
これに伴って、日産は国内に6か所あるすべての工場で、国内向けの車の出荷を停止することを決めるとともに、不適切な検査を行って出荷したおよそ3万4000台について新たにリコールの届け出を検討するとしています。出荷の再開の見通しについて、日産は2週間程度かけて全体の検査工程を見直したうえで、国土交通省から改めて承認を得る必要があるとして、具体的なめどは明らかにしませんでした。
:
日産では先月、国内に6つあるすべての工場で、資格のない従業員が車の出荷前の検査を行っていたことがわかり、今月6日におよそ116万台のリコールを届け出ました。
:
しかしその後も神奈川県平塚市にある湘南工場で、今月11日まで資格のない従業員による不適切な検査が続いていたことが明らかになっています。
:
19日夜、記者会見した日産の西川廣人社長は「お客様と、日産自動車の再発防止策を信頼していただいた皆様に大変申し訳ないことをしてしまった。深くおわびします」と述べて謝罪しました。また、みずからの責任については「再発防止を徹底すること、生産を正常に戻すこと、お客様の信頼を戻して業務を正常化することが一義的な責任だ」と述べました。
:
西川社長は今月2日の記者会見では「国から指摘を受けたあとは資格のある検査員が行う体制に100%なっている」と説明していましたが、国内の主力の工場で不適切な検査が続いていた形で日産の安全管理体制の甘さが改めて厳しく問われそうです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171019/k10011183241000.h

| | コメント (0)

2017年10月19日 (木)

ラズパイレーダーをユーチューブにアップ

Arduino、RCサーボでToF距離センサーをスキャンしラズパイで表示してみました。メジャーボタンを押すとサーボが止まり距離を表示する。いや、サーボは精度が取れないは、センサーはノイズばっかし。あくまで雰囲気ですな。自動運転への道は遠い(泣)。


*nots "Raspberry Piを組み込み機に用いる利点

:
1)小型、軽量、安価
2)構造上、振動に強い。
3)HDDの代わりのOSはSDカードを用いるが、書き込み中でなければ電源OFFでシャットダウンが可能。セーフティーモードで立ち上がることはない。
4)GPIOが標準装備。
5)Wifi、BlueToothが標準装備
6)通算一千万台突破の実績。
7)理系の大学ではすでに教材として使用
ユーチューブ
https://www.youtube.com/watch?v=kSe6niMGXeA

Img_0141

Img_0140_2

Img_0142

| | コメント (0)

日産 121万台リコール

ホンダ車に乗っているんで例のタカタ問題で二回リコールを受けたがメンドくさいよ。
ただ、マスコミ沙汰にならないようなリコールって珍しくはないらしい。欠陥車で事故でもおきたら致命傷だよ。
:
:
:
>日産自動車の工場で、完成検査が資格を持たない者によって行われていた問題で、西川広人社長は2日、本社で記者会見し、「心からおわび申し上げる」と陳謝した。その上で、この問題について「背景、要因、従業員の意識を含め徹底的に検証し、対策を練りたい」と述べた。
:
 また同社は、今週中に約121万台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出ることを明らかにした。
:
 この問題は国交省の抜き打ち検査で発覚。国内にある六つの工場全てで行われていた。該当するのは9月18日以前に製造された21車種で、2日から発売された電気自動車(EV)の新型リーフも含まれている。
:
 完成検査は、道路運送車両法に基づいて行われる。国交省の通達は各社が社内規定で認定した者が行うよう定めているが、日産の一部の検査には未認定の「補助検査員」が加わっていた。不具合が見過ごされた可能性があり、同省は該当する車の点検など対策を取るよう日産に求めている。 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171002-00000098-jij-bus_all

| | コメント (0)

2017年10月18日 (水)

神戸製鋼不正、なんと40年前から Σ(゚д゚;)

40年前から出荷して事故がないなら、それでいいんじゃないの? 責任逃れのオーバースペックっで結構ある。努力目標みたいな仕様書とか。政治家の公約なんて努力する気もないんだから酷いもんだ。しかし、40年来の慣習がなんでいまさらバレたんだ?しかも外国発でもないんでしょう? 何か大きなところで風向きが変わっているのかも。
:
:
:
:
>神戸製鋼所の品質検査データの改ざん問題で、不正が数十年前から続いていたことがOBなど同社関係者への取材で分かった。同社は約10年前から改ざんがあったと説明しているが、開始時期はさらにさかのぼることになる。組織的に不正を繰り返す同社の体質が改めて浮かび上がった。
:
【動画】神戸製鋼所 川崎社長の会見
:
 「少なくとも40年前には、製造現場で『トクサイ(特別採用)』という言葉を一般的に使っていた。今に始まった話ではない」。1970年代にアルミ工場に勤務していた元社員は40年以上前から不正があったと証言する。取引先が要求した基準から外れた「トクサイ」であるアルミ板を「顧客の了解を得ないまま出荷していた」と説明。その際、「検査合格証を改ざんしていたようだ」と話す。
:
 また、90年代にデータ改ざんされた合金を部品加工会社に納入し「品質がおかしいのではないか」と指摘された元社員は、代替品をすぐに納入できたため問題が表面化しなかったという。この元社員は「工場長や工場の品質保証責任者も不正を把握しているケースもあり、不正は組織的に行われていた」と証言する。
:
 一方、関西に住むベテラン社員は「鉄鋼製品では30年以上前から検査データの不正が続いている」と証言。自動車部品などに使われる鉄鋼製品の製造には熱処理が必要だが、処理の仕方によって品質に差が出ることがある。「品質検査の結果、一部で合格に達するデータが得られれば、適合品として出荷している」といい、「検査データの改ざんに当たる」と指摘する。
:
 同社はアルミ・銅製品などで基準に合わない製品を計約500社に出荷していたと公表。8日の記者会見で梅原尚人副社長は品質データの改ざん時期を約10年前と説明したが、組織ぐるみの不正は数十年前から常態化していたとみられる。
:
 一方、同社は17日、米国子会社が米司法当局からデータ不正を行っていた製品の関連書類を提出するよう要求されたと発表した。同社は「当局の調査に真摯(しんし)に協力する」としているが、同社による一連のデータ不正は海外当局による調査に発展した。【安藤大介、黒川優】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171017-00000104-mai-bus_all

| | コメント (0)

2017年10月17日 (火)

テスラがリストラ。

テスラってどう見ても趣味的な車を作ってる中小ベンチャーだよ。今のままではメジャーを目指すのは難しい。
:
:
:
>13日 ロイター] - 米電気自動車テスラ<TSLA.O>が9日以降に中間管理職など約400人を解雇した。元社員が13日、ロイターに語った。
:
テスラは電子メールを通じて、解雇が年次の全社的な評価作業の結果だと説明したが、解雇人数がおよそ400人だったかどうかは明らかにしなかった。
:
同社によると勤務成績が解雇の理由。ただ元社員は、これまでまったく低評価を受けたことがないのに首になったと話した。
:
同社は今月、生産面のボトルネックのために新型セダン「モデル3」の生産が遅れていると発表している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171016-00000006-reut-bus_all

| | コメント (0)

2017年10月16日 (月)

パワーポイントの画像をラズパイに取り込み外部制御する。

パワーポイントで画像を作る人は増えていますが外部制御は無理でしょう。(APIをどうにかすればできるらしい)。ラズパイに画像を取り込んでタッチパネル、押し釦、ギミックと連動ができます。USBメモリがらファイルの読み込み(基本的に電源on時)ができますから、ユーザーサイドで画像の変更ができます。
 ただ、パワポの画像はサイズが小さく、無理に拡大すると画質が落ちる。そこで以下の方法
をご紹介します。オープンオフィスのImpressでも良いようです。
*パワーポイントのスライドを高画質な画像として出力するための2つの方法
http://thepopp.com/export-slides-as-high-resolution-images/

| | コメント (0)

12歳で量子力学の論文執筆 w(゚o゚)w

こういうのみんなアメリカにいっちゃうんだろうな。日本は観光と公共事業、もう限界集落の村おこしだよ。みんな、年金はあきらめるしかないか。 ・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
:
:
:
>今年も異能と天才たちにまばゆい光が当たった。スウェーデン発、ノーベル賞だ。国別受賞数では米国が断トツの345と2位イギリスのざっと3倍。7位のわが国も大したものなのだが、巷では基礎研究の足腰に陰りが見えるともっぱらの噂だ。ところが、灯台もと暗し。探せばいる、いた。21世紀のニッポンを支える天才、異能の面々が。
その一人を紹介する。
物理学の中でもっとも難解な分野の一つとされる量子力学。興味を持ったのは9歳の時だった。
「スティーブン・ホーキング博士など物理学者が書いた本に出合ったのがきっかけです」
都内の私立高校1年の近藤龍一君(16)。12歳の時に、『12歳の少年が書いた量子力学の教科書』(ベレ出版)を書き上げた。専門家でも難解な量子力学の本を12歳で書いたのは最年少という。
無類の本好きだ。幼少期からあらゆる学問分野を読みあさり、例えば世界史のような遠い世界に興味があった。中でも、不可解で現実の常識がまったく通じない量子の分野は、究極の遠い世界だった。
この不可解なものを理解したい──。10歳で量子力学の独学を始めた。その過程で、入門書と専門書の間に位置する量子力学の本がほとんどないと実感。中学受験の翌日から執筆に取りかかり、夜から朝にかけて4~5時間、220日をかけて一気に原稿用紙400枚以上にまとめた。心掛けたのは、入門書と専門書の「懸け橋」になる本、だ。
「ミクロの物質は粒子の性質と波動の性質を同時に持つなどという、量子力学のミステリー性をできるだけわかりやすくしたいと思ったのが一つ。それと、半導体やICなどのハイテク分野はすべて量子力学の産物です。量子力学が完成して100年近く経ちますが、現代科学に立脚する基礎科学として一般常識のレベルにまで普及してほしいと考えました」
:
本を出してくれる出版社探しに3年かかり、今年7月にようやく出版。テーマは難解だが幅広い年代に好評で、すでに5刷。受験生のため今は学業優先としながら、素粒子物理学を独学で研究している。
:
「素粒子物理学は量子力学の延長線上にありますが、紀元前から人間が追い求めてきた、万物の根源は何かという最終的な答えを導くものです。その点で言うと、素粒子物理学は物理学の頂点。そこに惹かれます」
:
将来の目標は「もちろん理論物理学者」で、重要な発見ができ、いい教科書が書けて、いい講義ができる研究者になりたいという。
「それが人材を育成し科学を発展させることにつながります」
若き頭脳はすでに、100年後を見据えている。(編集部・野村昌二)
:
http://cdn.images-dot.com/S2000/upload/2017101100074_1.jpg
https://dot.asahi.com/aera/2017101100074.html

| | コメント (0)

2017年10月15日 (日)

安川電機の株式時価総額が13日、初めて終値で1兆円に

日経上がってますからねぇ。なんかももうバブルっていう気もしないでもないけど・・・・
北朝鮮有事が織り込み済みなのかな?
北朝鮮特需があったとして、中国が一人勝ちという気がしないでもないけど。
:
:
:
>安川電機の株式時価総額が13日、初めて終値で1兆円に達した。主力のサーボモーターやロボットの販売が中国などで工場自動化の需要をつかんで好調。23日の2017年4~9月期決算発表を前に成長期待が膨らんだ。九州に本社を置く企業の時価総額では、09年に1兆円強あった九州電力以来、8年ぶりに大台に乗せた。
 時価総額は株価と発行済み株式数をかけた値で企業価値を表す指標の1つ。安川電機の時価総額は約1兆360億円(株価は13日終値で3885円)と直近1年間で2倍余りになり、21年ぶりの高値をつけた日経平均株価より高く伸びた。
 業績面でも、18年2月期(決算期変更で11カ月の変則決算)の連結営業利益で530億円前後を見込む証券アナリストが多く、会社予想455億円を上回りそう。海外の年金資金などが成長性を見込んで投資しているようだ。西日本シティTT証券の松本義一郎チーフアナリストは「九州勢ではTOTO、三井ハイテックなど海外市場を開拓する企業の株価が上昇しており、安川電機は利益率の改善も評価されている」と指摘する。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22254840T11C17A0LX0000/

| | コメント (0)

2017年10月14日 (土)

人手不足倒産が増えているらしい

>倒産件数では従業員5人未満の零細企業が全体の7割を占めた。
大手と違って教育体制も分業体制も整ってないからな。未経験者を雇うのは難しいかも。
近くのコンビニも大変みたいよ。建築は職人の奪い合いが酢覚ましいらしい。
>東京商工リサーチが10月10日に発表した2017年度上半期の企業の倒産件数が、前年同期比で9年ぶりに前年を上回った。全国での倒産の増加率は約0.1%増と数字上はほんの少しだけ上回っただけのように見える。しかし後述するように、実はその構造に大きな変動が起きている。
 先にこの問題の概要をまとめておくと、半期ベースでの企業倒産件数が前年同期を上回ったのはリーマンショック以来のこと。負債総額で見ると戦後最大の倒産となったタカタの影響が全体の7割を占めるが、倒産件数では従業員5人未満の零細企業が全体の7割を占めた。
 さて、今回のニュースの興味深い点は、全国の倒産企業の分布にある。私が最初に手にした日経新聞の朝刊の記事は、これまで述べた全国の状況を伝える記事だった。しかし、東京商工リサーチでは地域別の状況も発表している。日経新聞の地方面に掲載された記事は電子版で一斉検索ができるので、その状況をまとめてみたところ、面白い傾向が浮かび上がって来た。
 地方面の記事を見ると、いわゆる地方都市においては倒産件数が減少しているのだ。今年の上半期と前年同期の比較で数字を取り挙げてみると、九州、沖縄は12%減、静岡県は13%減というようにマイナスの数字が目立つ。
 東北は倒産の増減だけを見ると9%増だが、水準としては6年連続で倒産件数が200件を下回っている。震災後、金融機関の積極的な融資姿勢に支えられ、依然として倒産件数が低水準に抑えられていることで、倒産件数は過去最低水準の低い数字が継続しているという。
一方で、倒産件数が多かったのは東名阪である。東京都の倒産件数は前年同期比で11%増、近畿は13%増、中部3県は14%増と、主に都市圏で倒産件数が増加している。つまり冒頭で紹介した、全国で約0.1%倒産件数が増加したというのは、あくまで平均値であり、実際は都市圏で倒産件数が2ケタ増、逆に地方圏では倒産件数は減っているという構造が見えてくるのだ。
 そして、こうした傾向が見える原因を、東京商工リサーチは「人手不足が深刻化する飲食業を含むサービス業や建設業の倒産が増えた」と分析している。つまりまとめると、件数では零細企業が多く、主な原因は人手不足であり、人材を囲い込むために人件費が膨らみ、零細企業の痛手となった、ということだ。
景気がよい都市圏で倒産増、
景気が悪い地方で倒産減の現実
 ここでこの問題の全体像が明らかになったわけだ。景気がいいはずの都市圏では「人が採用できない零細企業が倒産」し、景気が悪い地方では「人手不足倒産は起きにくい」というわけだ。
 実際のところ、都内では本当に人が採れない。わかりやすくお伝えすると、大手チェーン店であればアルバイト広告に数十万円の広告費を出したり、伝手をたどって留学生を採用したりして、お店や会社のオペレーションを回すことができている。しかし、そういった体力がない零細店舗・零細企業では、社員やバイトが1人抜け、2人抜け、そのうちにオペレーションが回らなくなる。
 それで時給を上げてパートを引きとめようとするのだが、人件費は増える一方で、オーナーは休日もなしに出勤しなければならなくなる。結局、どこかの段階で破綻してお店を畳むしかなくなるという、負の連鎖が起きているということだ。
以下ソース
http://diamond.jp/articles/-/145534

| | コメント (0)

2017年10月13日 (金)

インドチームが月探査車を公開

中国の次はインドか。日本のGDPはもうすぐ世界五位に転落するらしい。
:
:
インドチームが月探査車を公開 民間初の国際コンテストへ
:
【ベンガルール共同】民間初となる月面探査の国際コンテストに参加するインドの「チームインダス」が5日、拠点を置く同国南部ベンガルールで、探査車の模型や制御室を報道陣に公開した。チームインダスは、コンテストに参加する日本チーム「HAKUTO(ハクト)」の探査車が相乗りする月面までの着陸船も開発しており、12月28日の打ち上げを目指している。
: 
チームインダスの探査車「ECA(イカ)」は4輪で、全長約60センチ。制御室からの無線によって、月面を模した砂の上で方向転換などの動作をした。ハクトの探査車「SORATO(ソラト)」も、デモ走行を行った。
:
▽引用元:共同通信 2017/10/5 21:30
https://this.kiji.is/288648359812170849
:
チームインダスの施設でデモ走行を行う探査車「ECA(イカ)」の模型。右は、日本の「HAKUTO(ハクト)」の探査車「SORATO(ソラト)」の模型=5日、インド・ベンガルール(共同)
https://nordot-res.cloudinary.com/ch/images/288649749305574497/origin_1.jpg

| | コメント (0)

2017年10月11日 (水)

養老の滝、牛丼が復活。

田舎から出てきたとき初めて牛丼を食って世になかにこんなに旨いものがあるのか、と思った。あの感動はもうないな。今凝ってるのは一丁180円の有機豆腐。他の豆腐は食う気がしない。歳なんだね。
 気を取り直してラズパイ勉強しよっと。
:
*ネットで探してきたコード、コピペしてもコンパイルが通らない。同業者をハメようとしてるヤツ多すぎるんじゃない? まあ、これもアタシが未熟な因果応報。
:
:
:
居酒屋チェーンを展開する「養老乃滝」(東京都豊島区)は11日から、牛丼を十数年ぶりにレギュラーメニューとして復活すると発表した。居酒屋のしめのメニューと位置づけた、一般的な牛丼並盛りより一回り小さいサイズで、かつてのレシピを基に提供する。
【復活した牛丼を写真で】
 養老乃滝は、都心や繁華街の店舗を中心に、1977年から昼間は牛丼、夜は居酒屋というスタイルで営業。専門店「養老牛丼」が出店された時期もあった。吉野屋などとともに、牛丼サービスの店として知られていたが、収益性の高い夜間の居酒屋営業に集中するため、2000年代初頭には提供を中止していた。
 昨年11月にグループ創業60周年を記念し、東京・池袋の店で1日100食限定で提供したところ、またたく間に予定数を完売。また、顧客から養老牛丼を懐かしんだり復活を望んだりする声も多く、1年間かけて準備を進めてきたという。復活牛丼は「食べ飽きない、あっさり和風味」(同社)で、運営する居酒屋チェーン「養老乃滝」全360店舗のうち330店舗で提供する。価格は税込み356円。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171011-00000040-mai-bus_all

| | コメント (0)

神戸製鋼 25%安

売り止まらず。今日はもっと下げるだろうな。しかし、恐ろしいのは突発的な事故じゃなく、長年の慣習として不正を行ってきたこと。これをバレないようにやろうと思うなら、全員終身雇用の社員、クローズトしかないだろう。派遣はいるわ外人はいるわじゃ不正はバレるよ。まあ、責任逃れのオーバースペックという面の多々あるだろうが。
 ”正確に、確実”にという当たり前を取り戻さないと、もう日本の企業はダメかもしれない。”正確”も”確実”も”気配り””融通””すり合わせ””その場しのぎ”の反意語なのだから深刻。
:
:
>8日に発覚した神戸製鋼所のアルミ製部材の改ざん問題は日本のものづくりが国際的な信頼を失いかねない事態に発展した。神鋼は少なくとも10年にわたり、管理職も含む複数拠点の社員が組織的に強度を偽装。数十人の社員も黙認していたという。日産自動車、旭化成、東洋ゴム工業――。ここ数年で日本を代表する大手企業の不正が発覚し続けたにもかかわらず、「他山の石」にならない異常事態。神鋼ショックが「メード・イン・ジャ…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22052550Q7A011C1000000/

| | コメント (0)

2017年10月10日 (火)

緊急、神戸製鋼 ストップ安 値つかず。

日産は多少下がった程度。三菱重工は変わらず。トヨタは上げ。いまのところ影響は神戸製鋼に留まる。

| | コメント (0)

神戸製鋼所 さて今日の場は?

日産はたいして下らなかったねぇ。旭化成は傾斜マンション事件から二倍になってるよ。
他人の不幸は蜜の味か (o^-^o)
:
:
:
検査証明書のデータ改ざんが発覚し、記者会見で厳しい表情を見せる神戸製鋼所の梅原尚人副社長(右)(8日午後、東京都港区で)=鈴木毅彦撮影
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20171009/20171009-OYT1I50032-L.jpg
 神戸製鋼所でまた品質データの改ざんが発覚した。
 8日に明らかになったアルミ・銅製品の検査証明書のデータ改ざんは、現場の管理職が黙認するなど組織的に行われていた。
 神戸製鋼の製品はトヨタ自動車の一部車種やJR東海の東海道新幹線、三菱航空機のジェット旅客機「MRJ」など幅広く使われており、影響が懸念される。〈本文記事1面〉
 神戸製鋼の梅原尚人副社長は8日の記者会見で、「管理、監査、(ルールを守る)教育が抜けていたと反省している」と陳謝した。
 神戸製鋼は2008年に子会社で鋼材の強度偽装が発覚し、16年にはグループ会社でもバネ用鋼材のデータ改ざんが明らかになった。今回は、取引先と決めた強度などの基準に合っていないのに、適合しているかのように検査証明書のデータを書き換えていたもので、梅原氏は「(現場の)管理職は関わっているか、知っていた」と、組織ぐるみだったことを認めた。
読売新聞:http://www.yomiuri.co.jp/economy/20171009-OYT1T50086.html

| | コメント (0)

三軸加速度センサーの実験

表示はraspberry pi。背景が木目ってトラディショナルでちょっといいでしょ。加速度センサーって重力加速度を感知するんだね。水平なら1G、精度として期待できるのは1/10程度。360度で+-10、それ以上はちょっと厳しいみたい。もちろん振り回せば加速度も感知する。相対性理論に曰く、加速度と重力加速度は区別できない。

 加速度の一回積分が速度、二回積分が距離。そうはいっても傾ければ加速度の数値は変わってしまう。これでどうやって距離を測るんだろうね。カーナビなんかちゃんと取ってるよ。
 まあ、車の場合、距離計と連動させる気になればどうにかなるわけで。
しかし、これでドローンの制御なんて夢のまた夢だな。

Img_0135

| | コメント (0)

2017年10月 9日 (月)

イラストレータとフォトショップがタダ

たまにだがパソコンの仕事の経験はあります。とは言っても動画、静止画は支給。プログラムを書いたのは制御部分だけ。エディターだより。ちょっと限界を感じて画像編集ソフトの再勉強。とはいってもイラストレータもフォトショップも高いんだわ。
似通ったフリーソフトがあったのでご紹介。ラズパイもそろそろ営業と考えているのですが、基本的には画像は支給。たいしたものは出来ないが、どうしてもという場合には、こっちで画像も書く予定。

〇Inkscape
https://inkscape.org/ja/release/0.92.2/windows/64-bit/exe/dl/
https://www.amazon.co.jp/%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC-Inkscape-%E7%8B%AC%E7%BF%92%E3%83%8A%E3%83%93-Windows-Mac%E5%AF%BE%E5%BF%9C/dp/4844381555/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1507516520&sr=8-1&keywords=inkscape+%E6%9C%AC
〇GIMP
https://www.amazon.co.jp/%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC-GIMP-2-8%E7%8B%AC%E7%BF%92%E3%83%8A%E3%83%93-Windows-%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA/dp/4844333348/ref=pd_lpo_sbs_14_img_0?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=3JRZ3XM0FZWBHYKN9GASGIMP
http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/gimp/

| | コメント (0)

神戸精工も偽装、改ざん

上が言ってることは単なる願望。実働部隊は派遣。限度を超えた我がままの結末。暗澹たる日本には”希望”がない。さあ、選挙ですよ、みなさん。
:
:
:
>大手鉄鋼メーカーの「神戸製鋼所」は自動車や航空機などに幅広く使われるアルミ製品や銅製品の一部について、強度などの検査証明書のデータを改ざんして出荷していたことを明らかにしました。製品の納入先はおよそ200社に上るとしています。
:
発表によりますと、神戸製鋼ではことし8月末までの1年間に出荷したアルミ製品や銅製品の一部で、事前に顧客と取り交わした強度などの基準を満たしていないにもかかわらず、検査証明書のデータを書き換えて出荷したり、必要な回数の検査を行わずに出荷したりしていたということです。
:
データの改ざんは、栃木県と三重県、それに山口県にある銅やアルミ製品の製造を行う国内すべての工場と、子会社の神奈川県の工場の合わせて4か所で確認され、アルミ製品がおよそ1万9300トン、銅製品がおよそ2200トンに上るなどとしています。
:
これらの製品は自動車や航空機などの部品として幅広く使われており、納入先は、およそ200社に上るということです。
また、こうした改ざんは少なくとも10年ほど前から行われていたことがわかっているということです。
:
会社側は事態は重大だとして、「品質問題調査委員会」を設置して詳しい調査を始めていて、調査結果がまとまった段階で、経営責任を含めた社内処分を検討するとしています。
:
一方、これまでのところ、出荷した製品の安全性に具体的な問題は確認されていないとしています。
:
東京都内で記者会見した神戸製鋼の梅原尚人副社長は「重大事案を生じさせたことを深く反省するとともに、多大なご心配とご迷惑をおかけし、心よりおわび申し上げます」と陳謝しました。
改ざん確認された4つの工場
神戸製鋼所によりますと、検査証明書のデータの改ざんが確認されたのは、栃木県真岡市の真岡製造所、三重県いなべ市の大安工場、山口県下関市の長府製造所の3つの工場のほか、子会社「コベルコマテリアル銅管」の神奈川県秦野市にある秦野工場の合わせて4工場です。
去年はグループ会社がデータ改ざん
神戸製鋼では去年6月、グループ会社が家電などのバネとして使われるステンレス製の製品のデータを改ざんし、JIS=日本工業規格の強度を満たしているように偽装して出荷していたことが明らかになったばかりです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171008/k10011172011000.html

| | コメント (0)

2017年10月 7日 (土)

竹中平蔵 老後におカネはいらない。

だそうだ。死ぬまで働けか?一億総過労死??? シャレにならんのじゃない??
:
:
:
:
>将来のお金のこと。大切なことだと分かってはいても、考え始めると不安ばかりが大きくなり、つい目を逸らしてしまう。きちんと向き合っていないから、常に漠然とした不安を感じている。悪循環だと思うのだが、厳しい現実を突きつけられるのが怖いというのが正直なところだ。
:
 そんな不安を抱えながら手に取ったのが『人生100年時代のお金の不安がなくなる話(SB新書)』(竹中平蔵、出口治明/SBクリエイティブ)。経済学者である竹中平蔵氏と、ライフネット生命創業者の出口治明氏が、将来のお金のことについて、それぞれの意見を述べている。根拠のない不安を払拭してくれそうな、ポジティブかつ説得力のある内容だ。
:
■老後のお金の不安
 超高齢社会に突入した日本。平均寿命も2016年のデータで女性87.14歳、男性80.98歳と過去最高を記録し、2065年にはそれぞれ91.35歳、84.95歳になると予測されている(平成29年版高齢社会白書)。定年が60~65歳だとすると、その後、場合によっては数十年の人生があるということだ。一体どのくらいのお金があれば足りるのだろうか?
:
 老後の不安について、竹中氏は、老後資金は「自分で貯める」のが基本だと述べる。人口が減少し働き手は不足するので、働き口が不足するということはなく、元気で働くことができれば、老後も心配はないとのことだ。そして、老後の大きな不安要素である「年金」については、保険に戻すことを主張。現在の年金は、高齢者が少ない時代に設計された制度であるため、全員がもらえるようになっている。これが「保険」であれば、支払った掛け金にかかわらず、一定の所得があればもらえないのが原則だ。さらに、国に払っている年金がもらえるかどうか不安な人には、個人年金に加入することを推奨。国に頼るだけではなく、自分で考えて準備することが大切だ。
:
 一方、出口氏は、老後のお金については心配していないそう。定年をなくして生涯働けば、一定の収入が入ってくるからだ。年齢に関係なく働ける人が働き、若い人が高齢者を支えるのではなく、みんながみんなを支える社会にできれば、老後のお金の不安はあまりない。さらに、「将来年金がもらえなくなるのでは」といった不安は真っ向から否定する。国債が発行できれば、年金の支給を含めて予算が組めるため、財政は維持できる。国自体が潰れた時には、もはや公的年金保険どころの問題ではないので、悩んでも仕方がないというわけだ。
:
■これからの時代に活躍するには
 老後のお金の不安を解消するには、元気に働くこと。では、変化の激しい時代を生き残るには、何が求められるのだろうか?
:
 この問いに対して出口氏は、変化を生き残るのは「対応力」であると述べる。これは、ただ変化に対応すればいいということではなく、その状況をきちんと認識するということ。これからではなく、「今」の私たちが置かれている状況を認識することが大切だ。
:
 ビジネスで成功したいなら「自分は何をやりたいか」というビジョンを明確に持つことが大切だと語るのは竹中氏。これは起業家に限ったことではない。お金や社会的地位よりも、自分の夢に一所懸命に向き合うことが大切なのだという。竹中氏の時代は、とにかく食べていくために働かなければならず、選択肢はなかった。しかし、現在の若者には選択肢が数多くあるのだから、「楽しそう」と思えることをやってみればいいとエールを送る。
:
 変化が激しく、将来が不透明な時代に、不安を抱く人も多いだろう。しかし、本書の冒頭で竹中氏は問う。「かつて先が見えた時代というのがあったのだろうか、不確実性のない時代があったのだろうか」と。私たちの住む世界は、いつだって変化に富んでいる。書籍やテレビ、ネットなどで情報を収集し、根拠のない不安を取り除いていけば、自然とすべきことが見えてくるのではないだろうか。まずは60歳、65歳の定年という概念を捨て、いくつになっても元気に働けるように、今を一生懸命生きることが大切なのかもしれない。
https://ddnavi.com/news/404803/a/

| | コメント (0)

2017年10月 5日 (木)

演算増幅器(OPアンプ)

世界初のノイマン式ディジタルコンピユータ、エニアックが登場するまではアナログコンピユタ(演算増幅器:オペレーショナルアンプリフャイヤー通称OPアンプ)の方が一般的だった。

 基本的に微積分演算だから、対数でも三角関数でも扱える。出力は連続、演算速度はディタルと比べて圧倒的に早い。ただしモニタ出力というわけにはにはいかず、電圧計かオシロ。メモリといえばペンレコかテープレコーダーくらいしか思いつかない。メモリランダムアクセスが早いというのがデジタル式の圧倒的な利点か。
 ナチスドイツのV2号なんてOPアンプ使ったんじゃないの。もちろん真空管式。加速度の一回積分が速度、二回積分が距離だからジャイロと組み合わせれば位置制御ができるはず。なにかすごいことのように思えるがOPアンプICは秋葉原で100円くらいで売っている。高精度、低ノイズ、低ドリフトを求めないなら実に楽ちんに使える。
 エニアックが登場したのが1946年まだ100年たっていない。ライト兄弟が空を飛んだのが1903年。
秋という季節柄か時の流れを感じるが、ペンシルベニア大学の学生は1995年にENIACを7.44mm x 5.29mmのシリコン基板上にトランジスタを0.5umのCMOS技術で174,569個形成する事により再現したのだそうだ。こんな気の遠くなるような話およびもつかないが、どうだろう? ラズパイで力道山の動画を再生するというのは?時の流れを感じると思うぞ。この企画、昭和館で買ってくれないかな?
*デジカメだと旨く撮れないがラズパイの画面は普通に綺麗。実測、シュミレートも可能

T

| | コメント (0)

2017年10月 4日 (水)

働く貧困層が増大しているらしい。

ただアルバイトの給料は上がってるよ。かって「働いたら負け」が流行ったけど、今は「雇ったら負け」か? ただもう日本の一人あたりのGDPは中進国。そんなもんでしょう。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-09-30/2017093002_03_1.jpg
国税庁が28日発表した2016年分の民間給与実態統計調査によると、1年を通して働いても年収が200万円以下のワーキングプア(働く貧困層)は1132・3万人と前年の1130・8万人から1・5万人増加しました。ワーキングプアが1100万人を超えるのは4年連続です。一方、2500万円超(区分最上位)の給与所得者は2年連続で増加し、16年分では12万人となりました。格差拡大が顕著です。
:
 第2次安倍晋三政権が発足した12年末以降、貧困層が急増しました。とりわけ賃金水準が低い非正規雇用の増加が、貧困層の増加に拍車をかけています。
:
 平均年収を雇用形態別にみると、正規雇用の486万9000円に対し、非正規雇用は172万1000円でした。その差は314万8000円で4年連続で格差が拡大しています。
:
 性別でみると男性の521万1000円に対し、女性は279万7000円と53・7%の額にとどまりました。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-09-30/2017093002_03_1.html

| | コメント (0)

2017年10月 3日 (火)

米ベインキャピタルがアサツーDKを買収

広告3位のアサツーDK 米ベインキャピタルが買収

米投資ファンドのベインキャピタルは2017年10月2日、広告代理店国内3位のアサツー ディ・ケイ(ADK、東京都港区)を、株式公開買い付け(TOB)で買収することを発表した。買収総額は最大約1517億円。

ADKは海外広告大手の英WPPとの資本関係を解消し、非上場会社となることを同日付で発表している。経済ニュース「ブルームバーグ(日本語版)」2017年10月2日付記事によると、ADKは事業革新や組織改革の実行をにらみ、米ベインキャピタルによるTOBを受け入れたという。

| | コメント (0)

日本展示会協会からのメールです。

各位

日展協は、2017年9月26日(火)の日本経済新聞(関東版)に、他の様々な
業界団体の賛同を得ながら、1ページをフルに使った意見広告を掲載いたしました。

広告掲載の翌日、都議会では 「見本市 中止問題」の質疑が行われ、
小池都知事も、記者会見で初めてこの問題に言及しました。

意見広告の反響を速報でお知らせします。

  ----------------------------------------------------------------------

  ● 都議会の質疑で、話し合われた内容とは?

  ● 小池都知事は、記者会見で何を語ったのか?

  ● 抜本的解決を求める活動が、次々と行われる!
       これから何が起きるのか?

  >>>本文はこちらから
  http://cc.nittenkyo.jp/?e=7cgbgI4Xj06i918UUb1
 
※ 上記リンク先からうまく表示されない場合は、お手数ですが下記までご連絡ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<問合せ先>
 一般社団法人日本展示会協会 事務局
 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-12-10 四国第2ビル2階
 TEL  03-3518-2640 / FAX  03-3295-7007
 Mail info@nittenkyo.ne.jp
 URL  http://www.nittenkyo.ne.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
CM ID: SYO-11325

| | コメント (0)

東芝,6分間で充電できる電気自動車(EV)用のリチウムイオン電池を開発

EVを実用的に使おうと思ったら、家庭の充電設備で夜間充電で一日使える。通勤なんか何百キロも走らないから、これで十分。短時間充電が必要なのはタクシーとか商用車かな。家庭用でたまに長距離を走りたいと思うのであれば、レンタルで発電機を積むようにするといいよな。トランクに収納できるタイプ。どちらにしても、送電線や発電所の容量は大丈夫なのかな?
:
:
:
>東芝は6分間で充電できる電気自動車(EV)用のリチウムイオン電池を開発した。負極の材料にチタンとニオブの酸化物を使い、結晶がきれいに並ぶように合成することで、体積あたりの容量を2倍に高めた。短時間の充電で実用的な水準の320キロメートルを走行でき、EVの利便性が高まるとみている。2019年度の実用化を目指す。
 リチウムイオン電池はリチウムイオンが電解液を通じて正極と負極の間を行き交って、充電や放…
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO2176148001102017TJM000/

| | コメント (0)

2017年10月 2日 (月)

シーテックジャパン2017開催

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%83%E3%82%AF+2017&oq=si-tekku+&aqs=chrome.1.69i57j0l5.7314j0j4&sourceid=chrome&ie=UTF-8

| | コメント (0)

東大ももはやガラパゴス。

まあ、東大を出て、たとえば学術研究といった分野で高い生産性を得ているといった例は多くはなさそう。単に特権を得ているのだとしたら、そんなものいくら増やしても全体最適にはならない。文科省の酷すぎる天下りを思えば、消費税を上げてまで高等教育を無償化するってなんだかなぁ。まったく今の日本には”希望”がない。
>英教育専門誌タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)は5日、今年の「世界大学ランキング」を発表、日本の大学で最も順位が高い東京大が昨年の39位から順位を下げて過去最低の46位となった。
:
 THEは東大の順位下落は資金不足や中国などの大学が急速に順位を上げていることが主な原因と分析。フィル・バティ編集長は、近年東大の順位が下落傾向にあることに懸念を示し「資金の調達方法を多様化する必要がある」と指摘した。
:
 全体の千校の中に日本の大学は71校が入ったものの、上位200校は東大と74位の京都大(昨年91位)のみ。400位内には大阪大、東北大、東京工業大、名古屋大、九州大が入った。
:
 トップ10は英米とスイスの大学が占め、1位は英オックスフォード大(昨年1位)。2位は英ケンブリッジ大(同4位)、3位は米カリフォルニア工科大(同2位)と米スタンフォード大(同3位)。アジアでは22位のシンガポール国立大が最も高かった。
:
 ランキングは論文の引用頻度や教員数、大学の収入など独自の13指標で評価した。
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG05H8I_V00C17A9000000/

| | コメント (0)

マネーの大脱走は今序章。

しかし高額な管理費、修繕積立金がかかるタワマンが空き家になったらどうするんでしょう?リゾートマンションだって所有者が行方不明になれば管理組合が自力で管理費を取り立てるのは難しい。経験からして行政は非協力もいいところ。維持費を残った住民で負担するなんて考えるだけで恐ろしい。希望の党の、元検事、若狭勝衆議院議員の「参謀力」を読んでいるが、いまさらながらゼネコンってロクなもんじゃないらしい。
:
オリンピック後が恐ろしい。カウントダウン時計が売れないわけだよ。
:
*若狭さん大化けするかもしれない。町工場で汗まみれで働く父母の姿をみて育った。
汚職嫌いは素朴な正義感だそうだ。子供のころの夢は役者になることだったとも。
:
:
>被害者」は湾岸タワマン生活を謳歌する住民だけではない。2020年の東京五輪を前に始まったマネーの大脱走は序章。湾岸発の不動産パニック劇は間もなく、日本列島全体に悲鳴を響かせる。
:
投げ売り、そして叩き売り
:
東京湾を望む湾岸エリアでも屈指の人気を誇る豊洲地区。優に10を超えるタワーマンションがそびえたつ日本有数の「タワマン街」にあって、コンシェルジュ付きでホテル並みの豪華さで知られる有名物件に住む酒井隆氏(仮名、42歳)はいま、頭を抱えている。
事の発端は酒井氏が転職で職場が遠くなるため、いま住む部屋を売却しようとしたことにある。
酒井氏の住むタワマンは近くに緑豊かな公園が広がる好立地なうえ、丸の内まで電車で十数分という交通の至便さもあり、東京駅周辺で働くファミリー層に人気。設備も申し分なく、夜景を一望できるラウンジスペースからジェットバス完備の大浴場もある。
それだけに売りに出せばすぐに成約すると思ったが、そんな酒井氏の「楽観」は見事に裏切られることになる。
「売り出してから半年以上経っても、一向に買い手がつく気配すらない」(酒井氏)
売買仲介を頼む不動産業者に理由をたずねても、「こういうのはタイミングですから」と曖昧な返事が返ってくるのみ。そこで、不可解に思った酒井氏が旧知の不動産関係者に調べてみてもらったところ、衝撃的な事実を知ることになった。
まずわかったのは、このタワマンは中国人が多くの部屋を所有する「チャイナ・マンション」として業界内では知られた物件であったということ。販売当初には1000近い部屋を売り切れるのかと業界関係者の間で囁かれていたところ、中国人たちが上層階を中心に「爆買い」したことで完売した経緯があった。
一方、ここ1年くらいは、中国人による爆買いの活況から打って変わって、マンションから「売り」に出る物件が急増していたこともわかった。
しかも、その数は1件、2件ではなく、酒井氏が売りに出した時にはすでに20件近い大量の売り物件がこのマンションから市場に出回っていたことが発覚したのである。
「しかも、相場より安い『セールス価格』での安売りも始まっていて、安値に落とした物件から成約していく投げ売り状態になっていた。私も値段を度外視しないと売れないが、それでは住宅ローンの支払いが残るので、どうすべきか」
実はこの酒井氏のケースのように、湾岸エリアのタワマンで中国人による「爆売り」があちこちで勃発。気付いた一部の関係者の間で、大異変として騒がれ出した。
マンション評論家の榊淳司氏が言う。
「たとえば豊洲エリアに建つ有名物件で住民がプールも楽しめる高級タワーマンションがあるのですが、ここは投資目的の中国マネーが3割ほど入る人気物件だった。
それがいまでは、30件以上の大量の売りが出る『爆売りタワマン』と化しています。あまりに売りが殺到して、月に1件ほどしか成約しない。投資目的の中国人からすれば坪単価300万円弱で十分に儲けが出るので、その水準で売れるうちに売ってしまおうという動きが加速している」
中国や台湾の富裕層に太いパイプを持つマンションデベロッパーが、顧客の中国人に新規物件の営業に行ったところ、むしろ手持ち物件をすべて「売りたい」と持ち掛けられて震撼した――タワマン業界ではそんな「夏の怪談」のようにゾッとする話も語られ出した。
湾岸エリアのタワマン事情に詳しい不動産コンサルタントによれば、最近では中国人による「即売り」という新現象も急増している。
「即売り」とはなにかといえば、中国人が数年前にこぞって買ったタワマンがここへきて竣工ラッシュ。引き渡しが行われる物件が大量に出ている中で、引き渡し直後、即座に「転売」に出すケースが続出しているというのだ。
「中国人投資家が大量に購入したあるタワマンでは、引き渡しが行われた直後に100件近い『即売り』が出たと話題です。引き渡し前に手付け金を放棄して解約するケースも出てきた」(前出・不動産コンサルタント)
湾岸エリアのタワーマンションは、東京オリンピックの効果もあって絶好調。中国人ら海外マネーの買いも旺盛なので、まだまだ価格は上がっていく――。
そんな景気のいい話がいまも多くのメディアで流されているが、それとは正反対の異常事態が水面下で起き始めているのだ。
以下ソース
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52723

| | コメント (0)

2017年10月 1日 (日)

日本の科学技術力の地位が低下している。

輸出企業が外貨を稼いで石油や食料を買ってくれる。それが当たり前の時代が終わろうとしているのかもしれない。失ってからその重大さに気付かされることは少なくない。カウンターカルチャーの時代、脱近代文明を模索したがそんなものはなかったよ。
>日本の科学技術力の国際的な地位は2010年代に入って顕著に低下している。文部科学省科学技術・学術政策研究所がまとめた報告書によると、研究力の指標となる質の高い学術論文数のランキングで、日本は13~15年平均で10位と、10年前に比べて5つも順位を落としている。
:
 政府は1995年に科学技術基本法を制定し、科学技術への投資を増やすなど強化を図ってきた。2000年代前半には米英、独…
https://www.nikkei.com/article/DGXLASGG29H1G_Z20C17A9EA3000/

| | コメント (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »