« 日本企業の凋落 奢れる者ひさしからずや。 | トップページ | 人材難が増す増す深刻化 »

2017年8月24日 (木)

MRJ 又エンジントラブル

こうやって見ると北朝鮮のミサイル開発なんてたいしたもんだね。やっぱ終身雇用でタルんでるんじゃねぇの~?
失敗したら公開処刑とか収容所行とかなら気合が違ってきますよ。
ただ、開発レベルになると、そうそう代わりもいないか?
 とにかく、頑張ってください。
>米国で飛行試験している三菱航空機のジェット旅客機「MRJ」の一機で22日、二つあるエンジンのうち一つが停止するトラブルがあった。原因は調査中で、乗員7人にけが人はいなかった。
 トラブルが起きたのは2号機で、22日午前6時に試験拠点のワシントン州モーゼスレイクを出発。当初はモーゼスレイクに戻る予定だったが、8時35分ごろに機体左側のエンジンが止まり、目的地をオレゴン州のポートランド空港に変更して着陸した。エンジンの一部が破損していたという。
 MRJは国から安全性の証明を受けるため、米国で昨年10月から飛行試験をしている。現在は4機が飛んでいるが、今回のトラブルで、全ての飛行試験を止めたという。試験再開の見通しは立っていない。
:
http://www.asahi.com/articles/ASK8R5JLQK8ROIPE018.html
:
MRJ エンジンの一部損傷
8月23日 17時19分
アメリカで試験飛行中の国産初のジェット旅客機MRJの1機が21日に左エンジンの一部損傷で当初、予定していたのと異なる空港に急きょ、着陸していたことがわかりました。
国土交通省や三菱航空機によりますと、アメリカ・ワシントン州のモーゼスレイクの空港を21日午後、飛び立ったMRJが飛行中に左エンジンが停止したことから当初、戻る予定だったモーゼスレイクの空港でなくオレゴン州のポートランドの空港に急きょ、着陸したということです。
MRJは、アメリカで現在4機が試験飛行を行っていて、このうちの1機でトラブルがあったということで、これまでのところ左エンジンの内部の一部が破損していたことがわかっています。
三菱航空機は原因を調べていますが、詳細については調査中だとしています。
MRJをめぐっては、設計の変更など相次ぐトラブルで、航空会社への納入時期が2018年半ばから2020年半ばに延期されていて、今回のトラブルが納入時期にどのような影響を与えるのか注目されます
:
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170823/k10011108721000.html
三菱重工業は2018年度にグループで新卒の事務系社員が入社しないことを明らかにした。グループ全体で事務系を数十~200人規模で採用してきたが、業績が悪化しており、初めて事務系社員の採用を見送る。毎年数百人規模が入社する技術系社員は予定通り採用する。
 グループ全体の従業員数は8万2728人(3月末時点)。三菱重工本体のほか、日立製作所との共同出資会社、三菱日立パワーシステムズ(MHPS)、三菱重工…
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ28I1F_Q7A730C1TJC000/

|

« 日本企業の凋落 奢れる者ひさしからずや。 | トップページ | 人材難が増す増す深刻化 »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。