« 日本の科学研究は先進国に遅れ | トップページ | 中小企業 人手不足が益々深刻化 »

2017年8月 1日 (火)

8月から住宅ローン金利が上がる

日銀の無理な金利操作も手じまいか。この空き家率の増加を見ればもう住宅建設はあきらかな過剰。国土交通省はあまりの無策。オリンピック後が恐ろしい。
:
;
;
:
>大手銀行が31日、8月に適用する住宅ローン金利を発表した。三菱東京UFJ銀行が市場金利の動向を反映し、10年固定型の最優遇金利を0.10%上げて年0.80%にする。
三井住友、三井住友信託、りそなの各行もそれぞれ0.05%引き上げる。みずほは0.85%として前月から金利水準を据え置いた。
 10年物など固定型の住宅ローン金利は長期金利をもとに各行が毎月決めている。7月は長期金利が0.07~0.10%程度で推移し、6月と比べ上昇した。
米連邦準備理事会(FRB)や欧州中央銀行(ECB)は金融緩和縮小の方針を検討しており、大和総研の長内智氏は「長期金利は今後も上昇圧力が強い」とみている。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS31H31_R30C17A7EE8000/

|

« 日本の科学研究は先進国に遅れ | トップページ | 中小企業 人手不足が益々深刻化 »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。