« 革新機構、苦戦のベンチャー投資   官民ファンドの実像 | トップページ | また性懲りもなく天下り先を・・・と評判は良くないが »

2017年8月16日 (水)

マンション販売 前年同月比3.3%増

弾ける、弾けると言われながら、弾けないバブル。逃げ切り狙いか? どうなりますか?
:
;
:
:
>首都圏で先月、発売された新築マンションの戸数はおよそ3400戸で、前の年の同じ月より3.3%増え、平均価格は1年前よりおよそ900万円値上がりして6500万円台の高値になりました。
民間の調査会社、「不動産経済研究所」によりますと、先月、東京・神奈川・埼玉・千葉の1都3県で発売された新築マンションの戸数は3426戸で、前の年の同じ月より3.3%増えて、3か月ぶりにプラスとなりました。
また、マンション1戸あたりの平均価格は6562万円と1年前より16%、金額にして906万円値上がりしました。
これは先月、東京23区や横浜市などで大型物件や高額物件の売り出しが増えたためで、平均価格が6000万円を超える高値となったのは、ことし1月以来です。
また、発売された戸数のうち、契約に至った割合は71.9%で、売れ行きが好調かどうかの目安となる70%を2か月ぶりに上回りました。
不動産経済研究所は「郊外のマンションには値下がり傾向が見られるが、都市部の物件は投資目的などの根強い需要があり、平均価格は高止まりが続きそうだ」と話しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170815/k10011100631000.html

|

« 革新機構、苦戦のベンチャー投資   官民ファンドの実像 | トップページ | また性懲りもなく天下り先を・・・と評判は良くないが »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。