« 電通 一か月の入札停止に | トップページ | 自動運転で寿司の出前を »

2017年7月14日 (金)

オフィスビル、空室率は9年ぶりの低水準

オリンピック後を不安視している向きはたしかに多い。風向きはガラっと変わりそうな悪寒。
そういえば、カウントダウン時計の引き合いがこのところ無いな。
>三鬼商事によると、6月の東京ビジネス地区のビル空室率は9年ぶりの低水準となり、賃料の押し上げ要因にもなっている。
都心5区(千代田、中央、港、新宿、渋谷の各区)の6月の平均空室率は3.26%と前月の3.41%を下回り、2008年4月(3.03%)以来の低水準。一方、坪当たり賃料は前年同月比3.8%増の1万8864円で、14年初め以来の上昇基調が続いている。
東京オフィス市場は景気回復に伴って改善してきたが、先行きには懸念要因もある。総合不動産サービスのJLLは5月のリポートで、18-20年にかけてオフィスの大量供給を考慮すると空室が生まれ、オーナーは賃料引き下げを強いられる可能性があると分析している。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-07-13/OT0HWF6J

|

« 電通 一か月の入札停止に | トップページ | 自動運転で寿司の出前を »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。