« rasperry piに強力ライバル microbit . | トップページ | 8月から住宅ローン金利が上がる »

2017年7月31日 (月)

日本の科学研究は先進国に遅れ

日本だけの問題ではないにしろ、文科省の天下りとか危機感がなさすぎるんだね。少子高齢化だからまだ救われるが、これが高齢多産化、パラサイトばかりで産業は空洞化だったらどうするんだろ? 年金なんて出ないよ。゜゜(´□`。)°゜。
:
:
:
:
>3月23日に英国の科学誌『ネイチャー』(Nature)は「日本の科学成果発表の水準は低下しており、ここ10年間で他の科学先進国に後れを取っている」と発表した。
世界の8000以上の大学や研究機関における研究を指数化したNature Index(科学論文の本数を指数化したもの)において、日本の論文の割合が2012年から2016年にかけて6%低下したという。
指数の水準は米国、中国、ドイツ、英国に続く5位につけているが、2~4位の国とは距離が拡大しつつある。
http://tk.ismcdn.jp/mwimgs/e/2/600/img_e26f1660e084adaed7df5337dac635bc161039.jpg
この要因について『ネイチャー』は「(科学分野における地位の)全般的な低下傾向により、日本の若い研究者たちは厳しい状況に直面しており、フルタイムで働けるポジションも少なくなっています。
日本政府の研究開発支出額は、世界で依然としてトップクラスであるものの、2001年以降ほぼ横ばいです。
一方で、ドイツ、中国、韓国など他の国々は研究開発への支出を大幅に増やしています」と指摘。
さらに、「この間に日本の政府は、大学が職員の給与に充てる補助金を削減しました。
国立大学協会によると、その結果、各大学は長期雇用の職位数を減らし、研究者を短期契約で雇用する方向へと変化したのです。
短期契約で雇用されている40歳以下の研究員の数は、2007年から2013年にかけて2倍以上に膨れ上がっています」と分析している。

|

« rasperry piに強力ライバル microbit . | トップページ | 8月から住宅ローン金利が上がる »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« rasperry piに強力ライバル microbit . | トップページ | 8月から住宅ローン金利が上がる »