« プログラム教育 やっぱりスクラッチ | トップページ | ラズパイ1800回 立ち上げ試験突破 第二次立ち上げ試験に »

2017年7月 1日 (土)

ファーウェイ 初任給40万超

中国の通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)の日本での初任給が40万円以上だと話題になっている。
リクナビ2018に掲載されたファーウェイ・ジャパンの求人広告によると、募集職種は「通信ネットワークエンジニア」「端末テストエンジニア」「端末アフターサービスエンジニア」「研究職・
以前プログラマーは”フラット化の先兵”と言われ、中国の平均給与が日本の十分の一の時代に中国人より安かった。中国では高給取りだが日本では貧民の時代が続いたが、最近はさすがに変わってきたらしい。
ただ、日本の遅れ方はハンパない。無論待遇は大切だが問題は技術に対するリスペクトじゃないのかな。”心の時代”は失われた30年。四書五経じゃ世界最貧国李氏朝鮮まっしぐら。
まあ、後進国なら外資がもてはやされるのも当然か。
小学校からのプログラム教育、いいんじゃないですか。
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
>中国の通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)の日本での初任給が40万円以上だと話題になっている。
リクナビ2018に掲載されたファーウェイ・ジャパンの求人広告によると、募集職種は「通信ネットワークエンジニア」「端末テストエンジニア」「端末アフターサービスエンジニア」「研究職・アルゴリズムエンジニア」の4つ。月給は学士卒で40万1000円、修士卒で43万円に設定されている。年に1回以上は賞与があるというから、賞与が月給2か月分だとすると年収は初年度から560万円以上になる。
「有給消化50%以上」「完全土日祝休み」ともあり、きちんと休むこともできるようだ。もちろん各種社会保険も完備されており、退職金制度も整っている。
「ファーウェイには安く買い叩いている日系企業をしばき倒してほしい」
厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、2016年の大卒初任給の平均は約20万円。同社の初任給は通常の2倍以上、ということになる。ネットでは6月30日ごろから、「ファーウェイの求人すごいね」と話題になっている。
「ソニーの今の修士初任給は25万1千円。ファーウェイ43万。残業代も出るし、年収で倍以上違うよこれ。数年前、ファーウェイの横浜の研究所の求人出てたけど年俸1200万?だったしそりゃできる奴はそっち行くよね」
リクナビ2018で確認したところ、ソニーの初任給(2016年7月実績)は、大学卒で21万8000円、大学院卒で25万1000円となっている。ファーウェイには倍近い差をつけられている。
また、すでに募集は終了してしまっているが、ファーウェイの日本研究所(横浜市)の光学設計エンジニアが年棒1000~1500万円で募集されていたこともある。
6月29日には、同社が日本に大型工場を新設すると報じられたことを受け、「ファーウェイにはぜひ日本工場で社員を直接雇用して派遣請負で安く買い叩いている日経企業をしばき倒していただきたく」と期待する人もいた。
https://news.careerconnection.jp/?p=37532

|

« プログラム教育 やっぱりスクラッチ | トップページ | ラズパイ1800回 立ち上げ試験突破 第二次立ち上げ試験に »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。