« ダイソン 4万八千円のヘアドライヤー | トップページ | CANって何? »

2017年6月14日 (水)

シャープV字回復! 島国根性はもう限界

亀山も堺もフル稼働らしい。違うもんですねぇ。
韓国サイトによれば中国人のことをチャンケというらしい。大陸中国人は”陸チャンケ”、台湾は”島チャンケ”、日本人はチョッパリ。朝鮮人はチョン。バカチョンのチョンね o(*^▽^*)o
>シャープが経営立て直しのため、大型テレビ用液晶パネルの他社向け供給を打ち切ったことが波紋を呼んでいる。取引があった電子部品商社の黒田電気は売上高が大幅に落ち込み、パネルの供給減による市場価格高騰でテレビメーカーの船井電機は収益が悪化した。V字回復への道を歩み出したシャープに対し、“被害”企業からは恨み節も聞こえてくる。(橋本亮)
数百億円がパーに
 「数百億円分のビジネスがなくなった」。黒田電気の伊神厚司・経営企画室室長代理は困惑を隠せない。
 黒田電気は、シャープと親会社の台湾・鴻海精密工業が共同運営する液晶パネル製造会社の堺ディスプレイプロダクト(SDP)から供給を受けてサムスンに販売していた。ところが、昨年後半に突然、供給がストップしたのだ。
 液晶パネル価格の低迷で経営が悪化しているSDPが、販売交渉でパネル価格の値上げを目指した結果、サムスンと折り合いが付かなかったためとされているが、鴻海がライバル視するサムスンを揺さぶろうとする意図も透けてみえる。
 さらに、黒田電気にとって痛手となったのが、シャープに販売していた液晶パネル用部品の取引もなくなったことだ。鴻海のもとで部品調達の見直しを進めるシャープがメーカーからの直接買い付けなどにシフトしたことが背景にある。担当者は「これまでシャープのお手伝いをしてきたのに」とこぼす。
以下ソース
http://www.sankei.com/west/news/170608/wst1706080001-n1.html

|

« ダイソン 4万八千円のヘアドライヤー | トップページ | CANって何? »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。