« タッチ操作ができるプロジェクター | トップページ | 銀行預金がついに1000兆突破! »

2017年6月10日 (土)

日産 プロパイロットを搭載したエクストレイルを発売

寝てても目的地につくような自動運転技術まだまだ先だが、高速で車が自動的に先行車と車間を保ってアクセルとブレーキを操作してくれる技術があると随分運転は楽になるらしい。
速い先行車を見つけるのが人間の運転技術になるのかな? 優秀な人について行っておこぼれ貰うみたいな。我が道を行く人は排除されるのかも? いやな世の中だ????
http://www.sankeibiz.jp/images/news/170608/bsa1706081256006-p1.jpg
日産自動車は8日、高速道路の1車線内で自動運転する「プロパイロット」機能を搭載したスポーツ用多目的車(SUV)「エクストレイル」を発売した。価格は219万7800円~。プロパイロットの搭載は昨年8月に改良したミニバン「セレナ」に続き2車種目となる。今夏以降に改良を予定する電気自動車(EV)「リーフ」にも搭載する方針で、自動運転の普及を加速させる。
 プロパイロットはアクセル、ブレーキ、ステアリングを自動的に制御。ハンドルのボタンを押して起動すると、アクセルを踏まなくても、設定した車速(時速約30~100キロ)を上限に先行車との距離を保ちながら運転し、ハンドルを操作しなくても車線中央を走行し続けることができる。
 このほか、リヤバンパーの下に足先を入れて引くだけでバックドアのロック解除や開閉ができる「リモコンオートバックドア」機能を搭載。ステアリングの自動操作による駐車支援システムの性能も高めた。
 発表会には、スケボーが趣味で、サーフィンにも挑戦したいという俳優の渡部豪太さんが登場。「行き先で遊んで疲れ果てても、帰りの運転をアシストしてくれるので、心強い」と笑顔を見せた。
http://www.sankeibiz.jp/business/news/170608/bsa1706081256006-n1.ht

|

« タッチ操作ができるプロジェクター | トップページ | 銀行預金がついに1000兆突破! »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タッチ操作ができるプロジェクター | トップページ | 銀行預金がついに1000兆突破! »