« タカタ、いよいよですか。 | トップページ | 展示会産業で働く人々の生活と雇用を守る会 6月22日デモ開催 »

2017年6月24日 (土)

三菱自動車 復活!

シャープといい日産といい、日本企業もプロ野球みたく”外国人助っ人”頼みになってきたな。
次はどこだろ?
*ラズパイ順調、80時間 480回立ち上げ。一日一回立ち上げとして五年で1800回。この辺が目安かな。大丈夫みたいですよ。
>http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ23I3L_T20C17A6TJ2000/
2017/6/23 20:01
 三菱自動車は23日、2019年度の世界生産台数を16年度比4割増の150万台以上に引き上げる方針を明らかにした。同日都内で開催した定時株主総会で益子修最高経営責任者(CEO)が中期目標として示した。資本提携する日産自動車にインドネシアで多目的車(MPV)をOEM(相手先ブランドによる生産)供給するなどして生産台数を伸ばす。
 三菱自の世界生産台数は燃費不正問題が発覚する前の15年度は120万台。燃費不正前に比べ30万台の上積みを狙う。益子CEOは「他の自動車メーカーへの供給も含めて150万を超える計画」と述べた。三菱自は今秋にインドネシアで新型MPVを発売し、日産にもOEM供給する見通し。今後さらに車種が増える可能性もある。
 総会では取締役選任案など3議案をすべて可決した。議長を務めたカルロス・ゴーン会長は「(ルノー・日産・三菱自の)アライアンスは今年中盤には(販売台数で)世界最大の自動車グループになるだろう」と述べ、今後も工場や技術の共有、共同購買など6つの領域で相乗効果の追求を加速する方針を示した。
 同日、ゴーン会長は仏政府のグループ経営への関与について「株主として仏政府にはルノーへの発言権がある。ただ、三菱自については仏政府からの政治的な影響は全くない」とした。

|

« タカタ、いよいよですか。 | トップページ | 展示会産業で働く人々の生活と雇用を守る会 6月22日デモ開催 »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。