« ロボネコヤマトが実証実験 | トップページ | 日本電産 産業用ロボットの生産7倍 »

2017年6月 2日 (金)

パナソニック 自動車部品メーカーとして世界十位入りを目指す。

 
若者ども、「死んでもいい」の気概で必死で働いて、年金払うんだぞ( ^ω^ )
>大手電機メーカー、パナソニックは自動車の自動運転システムなど、次世代の自動車開発に関わる事業を強化することで、4年後の2021年度には自動車に関する事業の売り上げを2兆5000億円に拡大し、自動車部品メーカーとして世界の上位10社入りを目指すという目標を明らかにしました。
これは、パナソニックが30日開いた投資家向けの事業方針説明会で明らかにしたものです。
それによりますと、パナソニックは自動車の自動運転システムや電池など、次世代の自動車開発に関わる事業を強化することで、昨年度は1兆3000億円程度だった自動車に関する事業の売り上げを、4年後の2021年度には2兆5000億円に拡大させる目標を明らかにしました。
パナソニックは、この売り上げの目標を達成し、自動車部品メーカーとして世界の上位10社入りを目指すとしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170531/k10011000841000.ht

|

« ロボネコヤマトが実証実験 | トップページ | 日本電産 産業用ロボットの生産7倍 »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。