« ビッグサイト 五輪倒産はあるのか? | トップページ | AI,IT人材育成助成 »

2017年6月 5日 (月)

2020年代 AIが次々と人間を追い越す

翻訳とプログラミングが一番早そう。
>英オックスフォード大学人類未来研究所(Future of Humanity Institute)と米イェール大学の政治学部は、人工知能が人類の頭脳の可能性を超える日を評価した。論文は論文アーカイヴサイト「ArXiv」のプレプリントサーヴァーに公開された。
研究チームによると、人工知能は人類の文書翻訳能力を2024年に、トラック運転手を2027年までに、フィクション作家を2049年、外科医を2053年に追い越す。
人工知能が45年後に人類を置き換える確率を、チームは5割だと見ている。
研究結果は人工知能分野における専門家350人以上を対象にした世界的な調査に依拠している。
これより前、著名な英国の科学者、スティーブン・ホーキング氏は人工知能は将来的に人類を破壊する原因になる可能性があると述べた。
https://jp.sputniknews.com/science/201706023706098/

|

« ビッグサイト 五輪倒産はあるのか? | トップページ | AI,IT人材育成助成 »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。