« プログラミングと英語教育の関係 | トップページ | 日本の半導体メーカーの衰退に歯止めがかからない。 »

2017年5月 8日 (月)

ToFセンサーを使ってみた

光の反射時間を計測して距離を求めるセンサー。とにかく小さい。従来の距離限定拡散反射型では帰ってくる光の強さを計測するため、反射物体の色によって感度が変わってしまった。人検知でも白い服を着ている場合と黒い服を着ている場合では三倍くらい感度が違う。
超音波センサーは予期せぬ部分に反射して誤動作を起こす。人検知では焦電型が多く使われるが、距離を設定するのが難しい。
さすがToFセンサーではこういった現象はおこらない。レーザー照射だがクラス1のため特別な防御は必要ないとのこと。
精度だが1mm単位とあるが、確実なのは1cm単位、2mまで計測とあるが、使えるのは1.2mまでかな。

ardunoで受けてpicで7segu表示、通信プロトコルはオリジナル、PLCともつなげるし弊社 32C基板と共通。

Img_0104

|

« プログラミングと英語教育の関係 | トップページ | 日本の半導体メーカーの衰退に歯止めがかからない。 »

オリジナル基板」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。