« 日本の半導体メーカーの衰退に歯止めがかからない。 | トップページ | 大手電機がAI技術者を十倍に増員 »

2017年5月10日 (水)

富士通が製造業者を支援 サービス基盤「コルミナ」を7月から提供

人のことは言えないが、ディスプレイ製造現場はあまりにアナログ。代理店指向で外注依存の結果だと思うが、顧客の多くは製造業。意識のギャップは大きいと思いますよ。
ディスプレイだって、やはり、そこそこの設備と技術を持ってるところは伸びてる。ウチも頑張らないと。

http://www.sankei.com/economy/news/170509/ecn1705090040-n1.html

富士通が製造業者を支援 サービス基盤「コルミナ」を7月から提供 関連事業売り上げ2千億円目指す。
 富士通は9日、すべてのモノをつなげる「IoT」や人工知能(AI)の技術を活用し、企業のデジタル化を支援するサービス基盤「COLMINA(コルミナ)」を7月から製造業者向けに提供すると発表した。生産現場の効率を高め、人材や企業同士を連携させて新たなサービスの創出につなげる。平成32年度に関連事業で2千億円の売り上げを目指す。

|

« 日本の半導体メーカーの衰退に歯止めがかからない。 | トップページ | 大手電機がAI技術者を十倍に増員 »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。