« 小学生のプログラム教育は中高年教師のリストラ対策か? | トップページ | 共立エレショップでプログラミング教育 »

2017年5月 6日 (土)

米 手放し自動運転車 年内にも発売開始

オバカやってる間に日本は周回遅れ。旅客機も中国に先を越された。ホント、年金が出るのか心配だオ。

>次世代の乗り物と期待される自動運転車。各社は開発競争にしのぎを削り、実用化に向けた取り組みが加速している。
年内には「手放し走行」ができる車が販売開始となる予定で、競争は新たな段階に入る。

 「非常に積極的に取り組んでいる」。2021年の量産開始を目指す米フォード・モーターの技術幹部は4月、自動車業界のイベントで、開発ペースに自信を示した。
同社は今年、人工知能(AI)分野への投資やカナダの研究開発センターの新設などを決め、走行試験で使う車両も3倍に増やす予定だ。

 開発競争は自動車業界にとどまらない。米グーグルの自動運転車開発部門が独立したウェイモは4月、アリゾナ州で一般人を乗せる大規模な運用試験を実施すると発表。
また、米アップルがカリフォルニア州から公道での走行試験を認可され、競争に本格参戦することも明らかになった。同州が試験を認可した企業は30社と、この1年で3倍になった。

 完全な自動運転車の登場は数年先になりそうだが、高度な運転支援機能を備えた車は近く発売される。
米ゼネラル・モーターズ(GM)は今秋、高速道路で「手放し走行」が可能となる車を初めて市販化。
独アウディは、特定の状況下では運転者がよそ見しても安全に走行できる車を年内に発売する予定だ。各社の描く「次世代」が徐々に現実味を帯びてきた。

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017050500465&g=int

|

« 小学生のプログラム教育は中高年教師のリストラ対策か? | トップページ | 共立エレショップでプログラミング教育 »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。