« アイコスvsブルームテック | トップページ | python検定が始まる。 »

2017年5月31日 (水)

廃炉ビジネスが本格化

 
残念ながら増え続けるのが負の遺産。作って使うときは夢もあり便利にもなる。始末は気が重い。こういう物こそイメージを変えるって大切だよね。模型屋の出番かも。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ30H7Q_Q7A530C1000000/?dg=1
2017/5/30 12:10日本経済新聞 電子版
 日立製作所が中部電力・浜岡原子力発電所の廃炉事業に参画することが明らかになった。日本は原発の運転期間が原則40年となり、ドイツは脱原発に突き進む。これから日欧で廃炉ビジネスは広がりそうだ。一方、欧州の北海では油田の閉鎖という難作業も本格化する。日欧は人口減や省エネの進展でエネルギー需要が増えることが見込みにくく、エネルギーの「店じまい」が一大ビジネスになる。
■廃炉費用、日本3兆円・独2.9兆円

|

« アイコスvsブルームテック | トップページ | python検定が始まる。 »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537841/65350418

この記事へのトラックバック一覧です: 廃炉ビジネスが本格化:

« アイコスvsブルームテック | トップページ | python検定が始まる。 »