« さあ、明日から五月病 (。・w・。 ) | トップページ | プログラミングと英語教育の関係 »

2017年5月 7日 (日)

精工なガラス製品を3Dプリンターで製作

透明で精巧なガラス製品を3Dプリンターで作る技術を開発したと、ドイツのカールスルーエ工科大などの研究チームが6日までに英科学誌ネイチャーに発表した。

ガラスまで作れるんだね。

> 細かなひび割れや穴がなく、レンズや光学フィルターなどの製造に使える可能性があるという。

 研究チームはまず、ガラスの成分である二酸化ケイ素を平均直径40ナノメートル(ナノは10億分の1)の微粒子にした上で、塗料や接着剤などに使われる有機化合物「メタクリル酸ヒドロキシエチル(HEMA)」などの液体に溶かした。

 次に、一般に普及している「光造形法」と呼ばれる方式の3Dプリンターで、この溶液に紫外線を当てて設計した形に固めてから、約1300度で焼いてガラスだけ残した。

 研究チームは試作品として、ミニチュアの城門(横幅2ミリ弱)やプレッツェル(同約2.5センチ)などを作った。

2017/05/06-05:21
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017050600124&g=int

画像
http://www.jiji.com/news/kiji_photos/0170506at03_p.jpg

|

« さあ、明日から五月病 (。・w・。 ) | トップページ | プログラミングと英語教育の関係 »

3D」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。