« 建設現場も時短 | トップページ | ポテチが高く売れるらしい »

2017年4月11日 (火)

ソニーの電子ペーパーが二世代目に進化

鼻はかめないよな。

>ソニーは、PDFなどの電子文書を“まるで紙のように読み書きできる”を追求したデジタルペーパー「DPT-RP1」を6月5日より発売する。
価格はオープンプライスで、店頭予想価格は8万円前後。

A4サイズ相当となる13.3型/1,650×2,200ドットの高解像度電子ペーパーディスプレイを搭載したデジタル端末。
重さ約349g、厚さ約5.9mmと10型以上のディスプレイ採用では、世界最薄最軽量という。
16GBのストレージメモリを内蔵し、うち11GBがユーザー領域。約1万ファイルのPDFを保存できる。

前機種のデジタルペーパー「DPT-S1」は、現在、文献や論文などの文書を扱う大学教員や医師大量の紙を扱う税理士や弁護士などに利用され、ペーパーレス化を実現しているが、2世代目の「DPT-RP1」は、利用者の声を参考に、より紙のような使い勝手を実現できるよう、
一層の軽量化を図ったほか、前機種よりもページ送り速度を最大約2倍に高めるなどで、読みやすさを向上した。
ディスプレイも高解像度化し、さらに字体を滑らかに表現、図や表の拡大にも対応する。

また、独自開発したノンスリップパネルを画面に採用。
ペン先の滑りを抑え、適度な抵抗感を持たせることで、より紙に近い書き心地を実現している。

中略
 
なお、4月10日付けで、ソニーセミコンダクタソリューションズと電子ペーパーを手掛けるE Ink Holdingsが、
電子ペーパーディスプレイ事業を運営する合弁会社設立で合意。
電子ペーパーを活用した商品や関連するアプリケーション、連携プラットフォームの企画・開発・設計・製造・販売などを展開する。

合弁会社は台湾に登記され、日本における子会社は4月に発足予定。
新会社の資本金は420百万台湾ドル(約15億円)。
合弁会社の主要株主となるE Ink子会社と、ソニーセミコンダクタソリューションズの合計出資比率は約70%で、残りの株式については、ベンチャーキャピタル企業が保有する見込み。

http://av.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/1054/079/s1_s.png
http://av.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/1054/079/s4_s.png
http://av.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/1054/079/s3_s.png

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1054079.html

|

« 建設現場も時短 | トップページ | ポテチが高く売れるらしい »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。