« 怒涛の設備投資 | トップページ | マンション販売、2016年度 、リーマンショック以来の低迷 »

2017年4月17日 (月)

ガンは学芸員だ

バブル期からくらべればマシになったと思いますよ。バブル期の科学館なんて”お客”がくると壊すし汚れるとかいって嫌ってた。さすがは公務員と感心しましたよ。今はお客を入れようとする気持ちはあるようだが、目的がはっきりしないんだね。「私の仕事館」は大失敗だったが「ギッザニア」は大成功。各地にある歴史資料館なんて今日は入館者ゼロじゃないかとおもうよなところがいっぱいある。乃村工藝社などは運営の民間委託受注にちからを入れているようだが、成功したという話を聞かない。 

 目的を観光客誘致に絞って、権限を委譲し”なんでもあり”にすれば成果はあがるんだと思いますよ。ただ、それでいいのかどうかは、議論と合意が必要かな。

日経

観光のがんは学芸員」 山本地方創生相が発言 
2017/4/16 22:49
 山本幸三地方創生相は16日、大津市のホテルで地方創生に関するセミナーに出席し、外国人観光客らに文化財などの説明、案内が不十分として「一番のがんは文化学芸員。この連中を一掃しないと駄目」などと発言した。学芸員やがん患者らに対して不快感を与えかねない発言。不適切だとして野党側が追及するのは必至だ。山本氏は終了後、報道陣に「『一掃』は言い過ぎたが、文化財はプロだけのものではない。学芸員も観光マインドを持ってほしい」と釈明した。〔共同〕

|

« 怒涛の設備投資 | トップページ | マンション販売、2016年度 、リーマンショック以来の低迷 »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。