« ソニーの電子ペーパーが二世代目に進化 | トップページ | ホンダジェットは好調 »

2017年4月11日 (火)

ポテチが高く売れるらしい

スイッチを捻れば電気が点く。蛇口を捻れば水が出る。供給は無限だと? これも幻想だな。経済は需要と供給、予定調和するなんて誰も証明したわけじゃない。

面倒なお客がいると、電気屋どうし愚痴に「文句があるんなら電気止めてやる!」というのがあるんだが、さすがに実行したことはない。しかし東電、3.11でやっちゃたんだね。交通信号が止まっただけで死んだ人が何人もいる。こういうことは時々やって貰うと、社会が正気に返る。

さて今週の標語です。

「いつまでも、あると思うな、親と電気屋」 おそまつm(_ _)m

>2016年夏の台風被害による北海道産のジャガイモ不足で、大手菓子メーカーが一部ポテトチップス商品の販売休止を決めた影響により、オークションサイトなどでは一部休売商品の価格が「高騰」している。

とくに「プレミア化」が進んでいるのが、全サイズが販売休止となるカルビーの人気商品「ピザポテト」だ。
通常一袋(63グラム)あたり130~140円で販売されている商品だが、フリマアプリ「メルカリ」では一袋500円以上での出品が数多く見つかる。

■通常価格の3~4倍に

「当初は外国産のジャガイモを輸入して生産を継続する予定でしたが、こちらが求める品質に見合うものがなく、人気の高い定番商品に注力して製造する措置を取りました」

 17年4月中旬から計33商品を販売終了・休止するカルビーの広報担当者は4月11日、J-CASTニュースの取材にこう話した。
休売とした商品については「販売はいずれ再開する予定だが、時期は未定」とした。

また、カルビーに先駆けて3月25日から販売縮小の措置を取った湖池屋の広報担当者は取材に対し、「昨年の8月末頃からジャガイモの収穫に影響が出ることは見込んでいたので、新商品の発売数を減らすなどの調整を続けていました。
ですが、やはり原料の状況が思わしくなく、定番商品やご要望の多い商品に絞って生産することを決定しました」

と話す。湖池屋では計16商品が販売終了・休止となっており、「早期の販売再開をめざし、最善を尽くします」と担当者は話していた。

【続きはサイトで】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170411-00000005-jct-soci

|

« ソニーの電子ペーパーが二世代目に進化 | トップページ | ホンダジェットは好調 »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。