« ヤマト マジギレ値上げへ | トップページ | 怒涛の設備投資 »

2017年4月15日 (土)

電通 就職人気ランキング23位の下落

どうも過労自殺じゃなくイジメ自殺らしい。しかし旅行系が上位独占とは?
 若い人はネット依存で出不精かと思ったがそうでもないらしい。
しかしかっての人気企業、出版、商社の低落、時代は間違いなく変わってるんだね。

ちなみに、小学生の将来なりたい職業のトップはユーチューバーなんだそうだ。
 

>楽天が運営する就職情報サイト「みんなの就職活動日記」(みん就)がまとめた2018年卒の就職人気企業ランキングで、昨年1位だった電通が23位と、大きく順位を落とした。新入社員が過労自殺した問題でイメージを落としたようだ。
http://image.itmedia.co.jp/business/articles/1704/13/sk_nikki_01.jpg

 1位は全日本空輸(昨年2位)、2位は日本航空(昨年59)と、大手航空2社がトップに。
4位のJTB(昨年8位)は上位の常連だが、33位の近畿日本ツーリスト(昨年79位)や65位の阪急交通社(昨年163位)が大幅にランクアップするなど、トラベル系の人気が高い。

 電通は大きく順位を落としたものの、博報堂/博報堂DYメディアパートナーズはトップ10圏内の10位(昨年4位)だった。

http://image.itmedia.co.jp/business/articles/1704/13/sk_nikki_02.jpg

昨年1位の電通は23位にまでランクダウン

 昨年62位だったNTTドコモが113位にダウンした一方、昨年110位だったロッテが28位に入るなど、変動もある。全体的には「消費者としてなじみのあるBtoC企業が多く上位に見られた」という。

 調査は昨年10月~今年3月にかけて、18年卒予定の6114人に対し、
対象企業約600社の企業ごとの「仕事」「会社」「雇用」「社会的責任」「採用活動」の5つの項目に対する魅力度を回答してもらう形でアンケートを実施して集計した。

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1704/13/news096.html

|

« ヤマト マジギレ値上げへ | トップページ | 怒涛の設備投資 »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。