« 吉野家が学費免除を | トップページ | 常陽再稼働へ »

2017年3月31日 (金)

分譲マンション、減少続く。

建築模型業界が初めて経験するバブルの崩壊。潰しの効かないところがあるから転業には苦労するんじゃないかな。でも早ければ早いほど傷は浅いよ。

でなければ、最後の一社になるまで頑張るとか。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL31HK7_R30C17A3000000/

 国土交通省が31日発表した建築着工統計調査によると、2月の新設住宅着工戸数は前年同月比2.6%減の7万912戸だった。8カ月ぶりに前年実績を下回った。QUICKがまとめた市場予想は1.2%減だった。
分譲マンションの大幅な減少が響いた。季節調整済み(年率換算)ベースでは前月比6.1%減少した。

 内訳をみると、分譲が17.9%減の1万8398戸と、3カ月ぶりに減少した。うち分譲マンションが35.7%減の7562戸と大幅に減少。
大型マンションの建設が昨年に比べて減ったことが響いた。分譲の一戸建て住宅は0.9%増だった。

 持ち家は1.6%増の2万1322戸と2カ月ぶりに増加した。貸家も相続税の節税を目的とした建設が続き、6.8%増の3万842戸と16カ月連続で増加した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

|

« 吉野家が学費免除を | トップページ | 常陽再稼働へ »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。