« Windows Vista Service Pack 2(SP2)の延長サポートが終了する2017年4月11日まで残り半年を切った。 | トップページ | 高齢ドライバーの事故報道の過熱は自動車メーカーの陰謀か? »

2017年1月22日 (日)

トランプがやりたい放題?!

しかし、供給過剰の問題はどするんだろ? なんか老害って気がしないでも・・・ ただ、太陽光は当面頭打ちかも、7segu はもう売れない? (p_q*)

https://www.technologyreview.jp/s/22419/president-trump-takes-immediate-aim-at-obamas-climate-action-lan/

トランプ新政権は早々に、オバマ大統領とは全く異なるエネルギー政策の方針を立てることを明らかにした。
1月20日、ホワイトハウスのWebサイトに、ドナルド・トランプが米国第45代大統領として就任した直後に、「米国第一エネルギー政策計画(An America First Energy Policy Plan)」と題する新しいページが登場した。
この計画でトランプ大統領と新政権の役職に就いた者は、気候規制の廃止と石炭、石油、ガス生産の増加を目指すと断言している。

これ見よがしに、気候変動のページは削除された。
新計画では、太陽エネルギー、風力エネルギー等の持続可能なエネルギーには一切言及していない。
最も近いのは「クリーン・コール・テクノロジー」採用の表明だが、クリーン・コールはコスト効率のよい方法なのか実証されていない。
「あまりにも長い間、私たちはエネルギー産業に対する面倒な規制によって引き止められてきました。トランプ大統領は、気候行動計画やクリーン・ウォーター連邦法など、有害で不要な政策を排除することを公約します。こうした規制を撤廃することは、アメリカの労働者の大きな助けとなり、今後7年間で賃金が300億ドル以上増えることになり …

|

« Windows Vista Service Pack 2(SP2)の延長サポートが終了する2017年4月11日まで残り半年を切った。 | トップページ | 高齢ドライバーの事故報道の過熱は自動車メーカーの陰謀か? »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。