« LInuxはもう泥沼 | トップページ | EVも中国らしい(;ω;) »

2017年1月 6日 (金)

ついに韓国にも抜かれた。

日本が技術大国だなんて戦艦大和みたいなもんだな。大和がまだ健在と信じ、いつかは逆転と連戦連敗。気が付けばすっかり空洞化。あるのはネガティブ・レガシー(負の遺産)ばかり。

いつまでも、あると思うな、親と電気屋 ( ̄▽ ̄)

http://buzzap.jp/news/20170105-method-2/
https://www.facebook.com/vitaly.bulgarov/videos/1677695635590093/
http://buzzap.net/images/2017/01/05/method-2/top.jpg

夢の搭乗型二足歩行ロボットが初めての有人歩行に成功しました。詳細は以下から。
多くのSF映画に携わってきたベテランのコンセプトデザイナー、Vitaly Bulgarovさんは韓国のHankook Mirae Technologyと共同で全長4mの搭乗型二足歩行ロボット「Method-2」を開発しました。
このロボットはエイリアン2のパワーローダーやパトレイバーシリーズのレイバーのような、コックピットに搭乗して操作するタイプのロボットです。

Bulgarovさんは2016年12月31日にFacebook上に実際にパイロットが搭乗した状態での初歩行テストの成功を報告しました。動画は韓国の研究所内で撮影されたものです。

それ以前の以下の動画ではコックピットに乗り込む様子と両腕の操作が見て取れます。
レイバーのように人によっては酷い乗り物酔いに悩まされることになるのかそしてパワーローダーのように巨大生物と戦うポテンシャルを持っているのか、今の時点では明らかにされていません。
しかし「Method-2」はエンターテインメント用ではなく、実際に危険な場所や災害時の探索、救助活動などに用いることを想定して開発されているとのこと。本当に作品の中でのレイバーやパワーローダーのような使い方がされることになるかもしれません。

|

« LInuxはもう泥沼 | トップページ | EVも中国らしい(;ω;) »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。