« トランプショック、メキシコリスクはあるか? | トップページ | 物流も人不足危機 »

2017年1月 9日 (月)

韓国にも空き家危機が

宅地の再開発なら空き家は増えないはずだが、実際は郊外の農地を潰して家屋を建てる。モヘンジョダロとかなんとかの遺跡とかそういうのだって要するに空き家だけど、現代日本では廃墟として放置するわけにはいかないわけだ。最終的には税金で取り壊す以外なさそう。じゃあそれ誰が払うの?って話ですよね。

総量規制、空き家を引きとらない限り、新築は許可しないようにすれば済む話だと思うが、これも今年が分岐点になりそう。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/01/06/2017010601235.html

韓国に忍び寄る日本型「空き家危機」

 韓国全国の空き家(2015年末現在)は前年比25万戸増の106万9000戸で、初めて100万戸を突破した。35年には148万戸、50年には住宅戸数の10%に相当する302万戸に達するとの予想もある。日本では少子高齢化の影響で空き家が増え、社会問題となっているが、韓国も同じ道を歩みかねないとの懸念が示されている

|

« トランプショック、メキシコリスクはあるか? | トップページ | 物流も人不足危機 »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。