« 閲覧者の機種のandroidoが増えた。 | トップページ | 電通が中途採用枠を倍増 »

2016年12月 6日 (火)

企業は人なりって?

こんなの聞いたの何年ぶりだろ? 高度成長期はみんなこんなこと言ってたな。たしかにのそ成果のピークアウトが80年代。「心の時代」以降は全くのスカ。
 

カルビー松本会長、きれいごとには違いないが、時代感覚は鋭敏。時代感覚って生命線だと思うぞ。10年前にこんなこといったら、お花畑って言われるしかなかったが、潮目が変わったんだよな。

https://news.careerconnection.jp/?p=29046

11月27日に放送された「お菓子総選挙2016」(テレビ朝日系)で、約1700種類のお菓子の中から、カルビーの「じゃがりこサラダ味」が「日本人に愛されるお菓子」1位に選ばれた。

同社の商品は2位の「ポテトチップスうすしお味」や5位の「かっぱえびせん」など、上位10位に5つがランクインした。
そんな中、同日、とあるツイッターユーザーが、同社会長兼CEOの松本晃氏が以前テレビ番組で発した言葉を画像付きでシェアした。
同社の商品が上位に多数入ったことを受け、松本会長が語っていた内容が「正しかったと証明されましたね」とツイート。
約1万9000件のリツイートがされ、ネット民から「素晴らしい」と称賛が巻き起こっている。

「会社は従業員とその家族に責任を持っている」投稿者がシェアしたのは、10月下旬に放送されたNHKスペシャルの「雇用激変」特集の画面キャプチャ。
同番組でカルビーの松本会長は、非正規雇用が増加する現状について、「全部正社員にしたらいい」「給料を増やし、社員の待遇を良くするのは会社にとっては一番大事な投資」と発言。

さらに、「人件費を減らすから、その人たちが会社に貢献しないから新しいものが生まれないという悪循環。この状況が今でも続いていると思っている」
という考えを示した。近年、人件費を削減するために、給与を減らしたり、いつでも切れるように非正規で人を雇う企業が少なくない。
それでも一応会社は回るかもしれないが、賃金が下がれば従業員の士気が下がるので、長期的に見るとよくない、ということのようだ。

さらに、松本会長は従業員について、「従業員はただのツールではない。その人たちを使って会社はただ金を稼げばいいわけではない」「会社は一番はお客さんに対して責任がありますが、その次に従業員とその家族に対して責任を持っている」という持論を述べた。

「人を大事にしない限り会社は絶対うまくいかない」松本会長の考えに対し、ネットでは「なんて方だ!かっこよすぎる!」「本当カルビー社長は神」「こういう所で働きたい」など、賞賛の声が寄せられた。
「人を大事にしない限り会社は絶対うまくいかない……カルビー社長の言葉にただ頷くわ…人を機械としか思ってない会社にいるもんだからね…」
「共感しましたよ。ツール(道具)と生きた人間の区別の出来ない組織に繁栄などありえませんね」

|

« 閲覧者の機種のandroidoが増えた。 | トップページ | 電通が中途採用枠を倍増 »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。