« 雑誌 書籍が減っている | トップページ | "紙”業界は不況なのか? »

2016年12月27日 (火)

正社員の有効求人倍率が上がっている

代わりはいくらでもいる、という時代じゃなくなったね。経済学者など最高度の開発の話ばかりしているが、やること自体は簡単でも確実にやるとなるとそう簡単じゃない。品質管理ってQC(クオリテーコントロール)でなきゃできないよ。会社に忠誠心を持った労働者をいつでも使い捨てられるって虫の良すぎる話。

 プロ野球で一番身分が不安定なのは監督。監督の身分が安定してたら、もうやりたい放題のキム・ジョンナム。選手はたまらない。無論、監督も功績をあげてマネージャーに昇格したり終身監督、財団の理事長などマジメにやれば安定の道はあるのかも?

>正社員の有効求人倍率が、集計を始めた2004年以来、最も高くなったことがわかりました。
 厚生労働省によりますと、仕事を求めている人1人あたりに何人の求人があるかを示す有効求人倍率が、先月、前の月から0.01ポイント上昇して1.41倍となりました。

これは、1991年7月以来、25年4か月ぶりの高水準です。
 また、正社員に限った有効求人倍率は0.9倍となり、雇用形態別の集計を始めた2004年以降、最も高くなりました。
 厚労省は、「背景に人手不足があり、製造業を中心に求人が伸びているため」としています。(27日08:38)

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2947825.html

|

« 雑誌 書籍が減っている | トップページ | "紙”業界は不況なのか? »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。