« タワマンは雨漏りするらしい。 | トップページ | グーグルの自動運転開発プロジェクトが事業会社として独立”ウェイモ”にモ »

2016年12月19日 (月)

IoT Internet of Thingsは超有望

ユビキタスは掛け声だけだった。出先からインターネットで空調のスイッチを入れるなんて、趣味以外にないね。そこへいくとIoTは違う。まず実用化したら便利と思うのが、ガスメータ、水道メータの検針。電力メータはほぼスマート化されたが、これは電力会社の送電網があればこそ。電源に苦労することはない。
ただ、これがガス、水道となると大工事になってしまう。IoTのキモは無線、しかも電池動作。消費電力によっては数年は電池交換不要。これを無線ゲートウエイ経由でインターネットに繋ぐ。
 まず検針費用が節約になる。もう一つは、長期間、家庭でガス、水道が使用されない場合、何等かの異変、たとえば、孤独死とか一家心中とかが察知可能かもしれない。時流に乗ってる(事前に察知は無理)。無論、旅行などでガス、水道を使わない場合もあるが、この場合はこまめに担当部署に停止申請を出す。ホントに使ってない場合は、基本料金を割り引けばインセンティブが働く。なんせ使用量がリアルタイムでモニタできるわけだからね。

かわいそうだが、検針員 失業 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

http://mono-wireless.com/jp/tech/Internet_of_Things.html

|

« タワマンは雨漏りするらしい。 | トップページ | グーグルの自動運転開発プロジェクトが事業会社として独立”ウェイモ”にモ »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。