« 朝日新聞社に長時間労働では初の是正勧告 | トップページ | ダイソンはマーケティングをしない。 »

2016年12月10日 (土)

Amazon Dash Button

スマホでなんでもできるはいいんだけど、スマホ忘れたり無くしたりしたら、もう何もできなくなってしまう。やっぱここはポートフォリオでリスクを分散した方がいいんじゃないの?

 いまだガラケーだし(一週間に一度充電) スマホの代わりはタブレット。無線ルータだから、出先でノートパソコンでもインターネットに繋がる。でもインターネット、アマゾン、宅配便が生命線でることは変わりないな。

いっそATMみたいに指紋認証にしたら。でなけば手術でICタグを体内に埋め込むとか。これならスマホの電池切れの心配はないよ。

>押久保 皆さんご存知だと思いますが、リアルでのワンクリックを実現する「Amazon Dash Button」が日本に上陸しました。また、アマゾンは、AIやセンサーなどを使ったレジがないリアル店舗「Amazon Go」の動画も公開しました。その動画を見て僕はびっくりしたのですが、おふたりは率直にどう思いましたか。

奥谷 僕にとってはこういうのが理想ですね。顧客を知って店舗をやるということが、結局リアルの会社にはできない。顧客を知った人がどう店舗を作っていくか。「Amazon Dash Button」にしても、メーカーが直接やればいいという感じはします。
「MUJI passport」を作ったのも、デジタルを使えば顧客とダイレクトにつながれるのに、やらないのはもったいないという発想からでした。アマゾンはそれをどんどん実践している。
こういうのが真のオムニチャネルで、顧客データを持っていることの価値だと思います。ネット企業がオムニチャネルを推進することの最先端だと思うし、こういうことを目指したい。

西井 「Amazon Dash Button」は、社内ではずっと話題になっていました。ワンクリックでキャンセルされたとしても、ユーザーのことを考えるとこういう体験はいいねと。化粧品の会社はすぐできると思います。「化粧水Dash」とか作ればいい。
月イチで定期配送をやるより、その商品が欲しいタイミングでやったほうがユーザー体験が良くなり、結果的に長く使ってもらえるからです。そのボタンを作ることにマーケティング費用を使ったほうがいいかもしれない。
https://markezine.jp/static/images/article/25752/25752_05.jpg
日本に上陸したAmazon Dash Button
「Amazon Go」は、昨日動画を見て衝撃だったというか、面白いな、さすがアマゾンだなと思いました。日本では、今ある店舗をちょっと便利にするといったアプローチをしてしまうけれど、そもそもの体験自体をガラっと変えてしまう「Amazon Go」はすごい素敵だなと思う。

奥谷 絶対この発想は小売業から出ない。動画を見て思ったけれど、完全にこれってECの物流センターのピッカーの作業ですよ。
https://youtu.be/NrmMk1Myrxc

|

« 朝日新聞社に長時間労働では初の是正勧告 | トップページ | ダイソンはマーケティングをしない。 »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。