« 自動車整備士も人材不足 | トップページ | 電通がブラック企業大賞受賞 »

2016年12月23日 (金)

首都圏の新築マンション発売戸数は前年同月比22.7%減

>12月の発売戸数は7000戸の見通し。

11月の3倍?

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL14HCH_U6A211C1000000/

 不動産経済研究所(東京・新宿)が14日発表した11月のマンション市場動向調査によると、首都圏の新築マンション発売戸数は前年同月比22.7%減の2701戸だった。減少は2カ月連契約戸数は1689戸で、月間の契約率は19.6ポイント低下の62.5%だった。12月の発売戸数は7000戸の見通し。

 同時に発表した11月の近畿圏の新築マンション発売戸数は16.5%増の1975戸だった。契約戸数は1490戸で、月間契約率は5.2ポイント上昇の75.4%だった。12月の契約戸数は1900戸の見通し。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

|

« 自動車整備士も人材不足 | トップページ | 電通がブラック企業大賞受賞 »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。